防災士


資格名 防災士  
 資格の種類 民間資格          主催  特定非営利活動法人日本防災士機構
資格の概要  社会の様々な場で減災と社会の防災力向上のための活動が期待され、かつ、防災に関する知識と実践力を身につけた防災リーダーたり得る人を「防災士」と言います。「防災士」は災害に備えて研鑚し、自便の命を守り、周囲の人々を助ける安全と安心の担い手です。特に近年は、防災・危機意識の高まりから、職業を問わず防災士の資格取得の機運が高まっています。

防災士の役割は大きく分けて3つあります。
  ・災害時の、公的支援が到着するまでの被害の拡大の軽減。
  ・災害発生後の被災者支援の活動。
  ・平常時の防災意識の啓発、自助・共助活動の訓練。

防災士になるには機構が定めたカリキュラムを防災士教本による自宅学習(履修確認レポート)と会場研修講座の受講で履修し、履修証明を得て資格取得試験に合格し、消防署または日本赤十字社等の公的機関が主催する「救急救命実技講習」を受け、その修了証または認定証を取得した者に認定されます。
尚、防災士証の有効期限や写真の書換え更新はなく終身資格です。


※防災士になるためのステップ(資格取得方法)
・ステップ1:日本防災士機構が認証した研修機関が実施する防災士養成研修を受講し、「履歴証明」を取得する。
・ステップ2:日本防災士機構が行う資格試験に合格する。
・ステップ3:消防署、日本赤十字社等公的機関が主催する「救急救命講習」を受け、その修了証を取得する。
・ステップ4:申請により「防災士」資格を取得
資格取得試験に合格した人が、日本防災士機構に登録を申請することにより、防災士台帳に登録され、「防災士」としての活動が始まります。なお、登録後の防災士としての活動を推進していくための有資格者の団体として「日本防災士会」があります。

※防災士研修センターの防災士研修講座の内容
・自宅学習:
申し込みし、受講登録すると、「防災士教本」(日本防災士機構・編)ほか教材一式が、会場研修の3〜4週間前に送られてくるので会場研修までの間に、自宅で学習に取り組み、穴埋め式のレポートを完成させる。

・会場研修:
2日間、12講義で座学と演習の2種類の講義(集合教育)を受講し「防災士教本」で自習した内容をより深く学びます。講義内容は災害発生のしくみや、行政の対応、防災士の役割について学ぶもの等、多岐にわたります。
会場研修の最終日に防災士資格取得試験が実施されます。
・資格試験:
この会場研修の最終日・講義終了後に日本防災士機構による資格取得試験が、同じ会場で実施されます。

※防災士の登録には、救急救命講習の受講が必須要件になっています。
防災士研修カリキュラムでは、消防署等が実施する「救急救命講習」を受講し、応急手当の技術等について習得するよう定められていますので以下の講習どちらかに参加します。
(1)地元消防署 「普通救命講習TまたはU」
(2)日本赤十字社 「救急法一般講習または基礎講習」
・救急救命講習の受講時期は、防災士資格試験の受験前・受験後、どちらでもよいとされています。
・資格申請の代行:この試験に合格し、他機関での「救急救命講習」を修了した方は、当センターが日本防災士機構への資格申請を代行します。
試験方式  ●防災士研修講座最終日の試験:1講座あたり60分以上の研修
・三択式(筆記のみの選択式) 出題30問/試験時間 50分間。
※21問以上正解で合格となります。
受験資格  国籍・性別・年齢・経験等、は一切不問です。誰でも受講できます。
※救急救命士、消防吏員、医師の方は、救急救命講習の受講不要です。
但し、資格を証明するものの写し等を防災士登録申請時に提出必要。
 試験科目 < 研修講座の講習内容 >
1.序論・いのちを守る(自助 12時間8講座)防災士の役割、個人の平常時対策、すまいの耐震化、その他
2.地域で活動する(共助・協働 11時間7講座)地域の防災活動、行政の平常時対策、避難所、ボランティアほか
3.災害発生の仕組みを学ぶ(科学 9時間6講座)地震、津波、高潮、市街地大火、家裁旋風、火山噴火ほか
4.災害にかかわる情報を知る(情報 8時間5講座)気象予報、警報、注意報、警戒宣言、避難勧告、安否情報ほか
5.減災や危機管理の新たな手法を身につける(予防・復興 8時間5講座)危機管理の基本概念、地域協力ほか
6.いのちを守る(救急 3時間2講座)応急手当の基礎知識、心肺蘇生法、AEDの操作方法、止血方法ほか
 以上のカリキュラムで、1講座約60分以上の研修を12講座以上を受講する。

※研修講座最終日の試験の出題範囲は防災士研修講座のカリキュラム内容(防災士教本)から出題されます。
 試験の出題範囲は、上記の講座内容1〜6まで
スケジュール  ・講習日:各地域によって異なります。
※申込期間や講習日などは、防災士研修センターや研修認証自治体などに問い合わせが必要です。
・申込期間:防災士研修センターや研修認証自治体などに問い合わせが必要です。

2017年研修センターの防災士研修受講日程
試験会場  ・防災士研修センター主催の講座・試験   東京、大阪、名古屋、札幌
※上記以外の地域にて研修講座の開催を希望される方は、希望される地域とご連絡先を電話もしくはメールで問い合せる。
※当センターは、北海道から九州・沖縄まで、全国各地で毎年40回程度防災士研修講座を実施しています。
受験料  ●防災士研修センターの場合
  受講料 52,920円  受験料 3,000円  登録料 5,000円(各税込)
(内訳)   
・防災士研修講座受講料 52,920円
・防災士資格取得試験受験料 3,000円
・防災士登録料 5,000円
・救急救命実技講習  実施機関によって異なります。
資格 難易度  ・難易度   「D」 易しい  
・合格率   非公開

※参考データ
 平成23年度試験結果  受験者数 約13,000名 合格率 98.3%
 受験対策
  &
資格の将来性
防災士になるには、日本防災士機構が認証した教育機関で実施する防災科学・実学を受講し、資格試験に合格しなければなりません。「防災士」は、最新の科学、救助などの知識を持ち、大災害の際に公的救援組織が到着し機能するまでの間、地域社会のリーダーとして活動するのが仕事です。

講習受講者には、行政の防災担当者、地域の防災組織に属している人、企業の防災担当者、郵便局長、商店主、学生、主婦、学校関係者、気象予報士、消防団員、警察官、自衛隊員など、社会の各層の方々で、下は小学生から上は80代の方まで、幅広い年齢層になっています。
受験対策は、防災士教本を、隅から隅まで熟読すれば問題ありません。教材に基づいて自宅学習を進め、講義をしっかり聴いていれば、ほとんどの方が合格できます。基本的に落とすための試験ではありませんので、真面目に勉強すれば合格できます。

郵便局長、気象予報士、消防職員、士業関係など、10万名を越す人がこの資格を取得しています。
防災士認証登録者数 131,079名 (平成29年5月末現在)


※自宅学習について
「防災士教本」(日本防災士機構・編)を読んで、「履修確認レポート」を作成します。「履修確認レポート」は穴埋め式で全部で31講目あります。おおよその目安として、1日1〜2時間の学習で2週間程度の分量です。
完成した「履修確認レポート」は会場研修の受付で提出します。

※防災士は「自助」「共助」を原則として定めています。従って、災害時はもとより平時においても防災関係行政機関と協働して活動することが重要となります。そこで日本防災士機構は、自治体および消防機関から要請がある場合、その管轄内居住の防災士の氏名を通知することになっています。
通信講座   -
通学スクール   防災士研修センター主催の防災士研修講座   
教材
問い合わせ先  ・(株)防災士研修センター     http://www.bousaishi.net/    メールアドレス:staff2@bousaishi.net
 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-5 砂防会館3F
 TEL:03-3639-5051(平日9:00〜18:00 土日・祝日を除く) FAX:03-3639-5053(24時間受付)    
・特定非営利法人 日本防災機構  http://bousaisi.jp/
 〒100-0041 東京都千代田区永田町2-9-8
 TEL:03-3592-1511  
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.