公認不正検査士(CFE)


資格名  公認不正検査士      Certified Fraud Examner
 資格の種類  国際資格  主催 米国に本部を置ACFE::Association of Certified Fraud Examiners
              一般社団法人 日本公認不正検査士協会 (ACFE JAPAN)
資格の概要  「公認不正検査士(CFE)資格」は、アメリカに本拠地を置き、不正調査のエキスパートとして世界中で認知されている公認不正検査士協会(The Association of Certified Fraud Examiners,略称ACFE)が、創設したもので、厳しい認定基準をクリアし、不正対策のあらゆる分野に高い専門知識を備えている専門家の証とされています。 
その不正対策に重要な4つの分野(会計知識、法律知識、犯罪心理学、調査手法)について豊富な知識を有する人材を「公認不正検査士」、CFE(Certified Fraud Examiner)と呼びます。

公認不正検査士(CFE)は、不正の防止、発見、抑止の専門家として、組織内の不正撲滅に取り組みにおいてリーダーシップを発揮します。不正会計や文書偽造など不祥事が相次ぐ中で、CFE資格取得者は不正対策に関する専門家として、注目度は今後さらに高まることが予想されます。
公認不正検査士は米国で生まれ、 米国に本拠地を置く「公認不正検査士協会(The Association of Certified Fraud Examiners 略称ACFE)の会員のみに与えられる資格。日本には2005年に導入されました。日本での協会の加入人数は、1200人程度で、そのうち、「公認不正検査士(CFE)」という肩書を保有しているのは750名程度です。アメリカの場合は、公認不正検査士の人数は26,000人以上おり、かなりメジャーな資格になっています。

公認不正検査士(CFE)資格を取得するためには、4つの分野(会計知識、法律知識、犯罪心理学、調査手法)をマスターし試験を受けなければなりません。日本においては、一般社団法人日本公認不正検査士協会により、春と秋に2回試験が実施されています。試験を受験するには、受験要件がいくつかあり、その受験要件を満たしていないと受験はできません。試験の合格だけでは資格は得られず、下記の認定条件を満たした人がACFEの審査委員会によりCFEとして認定されることになります。
試験は、初回受験時は4科目一括受験が必要となります。また、不合格となった科目は、初回受験を含め、連続3回以内に合格しない場合、全ての科目の合格分は無効となります。
尚、公認不正検査士(CFE)の有効期間は1年間です。更新するためには、毎年継続的専門教育(CPE)を受けることが義務付けられており、1年間に20単位以上のCPE単位を取得する必要があります。条件が充足されない場合は、CFE資格が一時停止されます。

【資格認定条件】
@ACFEの会員であること。
A試験4科目に合格していること。
B不正対策関連業務に最低2年勤務経験があること。
C資格要件に定められる点数が50点以上であること。
D3人の推薦人(推薦状)が必要。
E卒業証明書、資格証明書、写真の提出。

スポンサーリンク

試験方式  ・試験形式:筆記試験(日本語) 4者択一もしくは2者択一
・出題数/試験時間:125問/2時間(各科目)
・合格基準:各科目とも、75%以上の正答率(94問以上正解)で合格

※初回受験時は4科目一括受験が必要となります。また、不合格となった科目は、初回受験を含め、連続3回以内に合格しない場合、全ての科目の合格分は無効となります。
受験資格  ・公認不正検査士協会(ACFE)の会員(個人・法人)であることが必要です。
・CFE資格試験を受験するにはCFE資格要件の算出基準により、40点以上の資格点数を保有していることが必要です。
(点数の例)
・4年制の大学を卒業し、学士の学位を持っている人は、それだけで受験資格を有します。
 (大学卒業 4年×10点 40点)
・不正対策関連の業務経験が8年以上ある方は、それだけで受検資格を有します。
 (不正対策関連業務に8年以上勤務 8年×5点 40点)
・他複合的に40点以上あること
 試験科目 ●財務取引と不正スキーム
 @ 会計
 A 財務分析の基本
 B 監査基準の概要
 C 各種不正スキームに関する知識など
●不正の法的要素
 @ 法制度の概要
 A 不正に関する法律
 B 調査における個人の権利
 C 訴訟手続き
 D 雇用・IT関連法など
●不正調査
 @ 書類証拠の取り扱い
 A 面接調査
 B 情報源の活用
 C 不正取引の追跡調査
 D 調査報告書作成のポイントなど
●犯罪学と倫理
 @ 人間行動の理解
 A 犯罪原因論
 B ホワイトカラー犯罪
 C 職業上の不正
 D 不正防止プログラム
 E 不正検査士の倫理など
スケジュール  ・試験日程:春秋の年2回(@6月中旬の2日間 A12月上旬頃の2日間) 1日2科目ずつ試験実施。
・合格発表:受験日から4週間後

2018 年前期 第28 回 CFE 資格試験日程   
・試験日:2018年6月9日(土)〜10日(日)
・受験申請受付:2018年3月5日(月)〜4月6日(金)
・合格発表:試験日から1ヶ月程度 
 試験会場 東京、大阪、 米国ほか
 受験料 ・初回受験時は4科目一括受験です。
●個人受験(初回受験)
 登録料(初回のみ):5,400円  
 4科目受験料:1科目5,400円×4科目 = 21,600円
 初回受験料合計:27,000円(個人会員)
※CFE資格試験を受験される方は、ACFE会員であることが必要です。事前に入会手続きが必要となります。
※受験2回目、3回目の方は、受験科目分の受験料のみ支払い要。
  科目受験料:1科目 5,400円
資格 難易度  ・難易度: 「B」 普通 
・合格率: 合格率・合格者数非公開
                 
------------------------------------------------  
【資格の難易度レベル】
CFEと同様の資格に内部統制評価指導士や内部監査人などがありますがそれらに比べると受験資格が緩くなっています。ステップとして初めに取得するのは公認不正検査人(CFE)がいいと思います。
   受験対策
 &
資格の将来性
日本では、内部監査を担当する人が不正検査に相当する業務を兼ねる場合が多いこともあり、公認内部監査人 (CIA, Certified Internal Auditor) 資格とあわせて公認不正検査人(CFE)資格を取得される方が多いようです。
また、金融・保険など不正対策の重要性が非常に高い業種の法人では、管理職への登用時の必須資格や優遇資格とされています。さらに最近では、公認会計士や弁護士をはじめ、税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士などの方が、自らの業務で不正対策の知識領域を活用するためや、自らの専門性・付加価値を示すために、CFE 資格を取得している例もあります。
ただ、現在ではまだ日本人で取得している人が少ないのが現状ですが、一方で企業側のニーズは高まってきていますので今後はさらに有望な資格になるでしょう。  

CFE資格の難易度は内部監査人や内部統制評価指導士などと比べると、少し低めと思われます。それは、それらの資格に比べて、受験資格が緩く、受験しやすいことや受験対策用のテキストや講習、スクールなどが明確にされていて、勉強しやすい試験であるからです。
試験では、4科目のうち1日目の午前にある「財務取引と不正スキーム」が内容量が最も多く、学習の時間もかかります。知識や経験の多少にもよりますが、CFE 資格試験の受験資格を持っておられる方の場合でも、受験対策には合計100〜200 時間の学習時間が必要でしょう。
試験対策は、時間があるかぎり、問題集を何回でも解いて理解することを繰り返すことです。一度ですべての科目の合格は難しいかも知れませんが、CFE 資格試験には科目合格制度がありますので、1 科目でも多く合格できるように的を絞った勉強法が効果的だと思います。
通信講座   -
通学スクール ACFE JAPAN セミナー
教材  協会発売の「CFE 資格試験対策 Web 問題集」(冊子付)
CFE 資格試験に向けたヒント集
問い合わせ先   ・一般社団法人 日本公認不正検査士協会 (ACFE JAPAN)
    〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-3 不二ビル2階  03-5201-8880    

 ・公認不正検査士協会日本事務局(ACFE JAPAN )CFE 試験係 03-5296-8338   info@acfe.jp

 HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.