クレーン・デリック運転士


資格名 クレーン・デリック運転士
 資格の種類 国家資格(業務独占)   認定 厚生労働省   免許試験実施:全国の安全衛生技術センター
資格の概要  クレーン・デリック運転士資格は、工場や工事現場等で荷物を移動するために用いられる各種クレーンおよびデリックを運転するために必要な国家資格免許です。動力で荷を吊り下げるクレーンやデリックの運転は危険が伴うため、法律で専門の技能や知識の習得が義務づけられています。
学科及び実技試験に合格し、免許の交付を受ければ、運転・操作ができます。一定規模以下のクレーン等は、技能講習又は特別教育を受講することで運転・操作が可能になります。

資格の種類・区分には「クレーン・デリック運転士(床上限定)」、「クレーン・デリック運転士(限定なし)」、「クレーン・デリック運転士〔クレーン限定〕」などがあります。
●「クレーン・デリック運転士〔床上運転式クレーン限定〕」は、床上運転式クレーンのみ運転できる資格です。
●「クレーン・デリック運転士免許(クレーン限定)」は、つり上げ荷重が5トン以上の天井クレーン、橋形クレーン、ジブクレーンなど、すべてのクレーンを運転できる運転士を認定する国家資格です。
●「クレーン・デリック運転士(限定なし)」は、つり上げ荷重が5トン以上の天井クレーン、橋形クレーン、ジブクレーン、ガイデリック、スチフレッグデリック、ジンポールなどの各種クレーン及びデリックを運転するために必要な国家資格です。
尚、床上操作式クレーンの運転の業務については、床上操作式クレーン運転技能講習を修了した者が業務に就くことができるとしており、さらに5t未満のクレーンも運転・操作できます。これは技能講習で得られる運転資格でクレーン・デリック運転士資格とは異なるものです。

資格を取得するためには、まず全国の安全衛生技術センターにおいて行われる学科試験に合格しなれればなりません。また都道府県の労働局長登録の教習期間において行われる実技試験にパスする必要があります。
年齢が18歳以上であれば、試験に合格すれば免許取得となりますが、ただ試験を受けるために、実技講習と呼ばれるものを事前に受ける必要があります。移動式クレーンの場合には、特別講習という講習をあわせて受けなければなりません。

※資格の種類・区分は、実際は全部で6種類(「限定なし」「クレーン限定」「床上運転式クレーン限定」「クレーン限定解除」「床上限定解除」「デリック限定解除」)に分かれています。また、移動式クレーン運転士の免許が別に設けられています。
※クレーンは、工場、倉庫、建設現場などで広く用いられており、デリックは建設現場等で用いられます。

 
試験方式  ●試験方式
・クレーン・デリック運転士(限定なし)
 学科試験:各科目出題数10問×4科目/5肢択一  試験時間 2時間30分(1科目免除者は2時間)
※試験の範囲には、クレーン関係知識、デリック関係知識、クレーン関係法令及びデリック関係法令すべてが含まれます。
・クレーン・デリック運転士〔クレーン限定〕
 学科試験:各科目出題数10問×4科目//5肢択一  試験時間 2時間30分(1科目免除者は2時間)
※学科試験の範囲からデリック関係知識及びデリック関係法令は除かれます。
・クレーン・デリック運転士〔床上運転式クレーン限定〕
 学科試験:各科目出題数10問×4科目//5肢択一  試験時間 2時間30分(1科目免除者は2時間)
※学科試験の範囲からデリック関係知識及びデリック関係法令は除かれます。また、実技試験は床上運転式クレーンを用いて行われます。

 実技試験:クレーンの運転と、クレーン運転のための合図をチェックする試験が行われます。

●合格基準
・学科試験:以下の条件を満たすことで合格となります。
 総得点が、満点中60%以上の得点率
 各科目が、満点中40%以上の得点率
・実技試験:減点の合計が40点以下で合格となります。
受験資格  誰でも受験可能ですが、免許交付は18歳以上(学歴、経験に係わらず)。但し、本人確認証明書の添付が必要です。
※実技試験は、学科試験の合格後引き続き受験する者、又は学科試験全部免除者が受験することができます。
 試験科目 ・学科
 1.クレーン及びデリックに関する知識
 2.原動機及び電気に関する知識
 3.クレーンの運転のために必要な力学に関する知識
 4.関係法令
・実技
 1.クレーンの運転
 2.クレーンの運転のための合図
※実技教習科目の内容(修了試験が課せられます)
   クレーンの基本運転(4時間)
   クレーンの応用運転(4時間)
   クレーンの合図の基本作業(1時間)

※次のいづれかに該当する者は所持資格及び実務経験等により、科目免除があります。
@改正前のクレーン運転士免許・デリック運転士免許の所持者又は揚貨装置運転士免許の所持者
Aクレーン運転実技教習を修了して1年以内のも者
Bクレーン・デリック運転士(限定なし)免許の学科試験に合格して1年以内の者
C玉掛技能講習等を修了している者など。
スケジュール  ・試験実施:おおむね月1回程度。地域により異なります
・合格発表:試験当日に合格発表日の通知があります。
・申込期間:第1希望日の2か月前から14日前まで(窓口に持参の場合は2日前まで)

・試験日程(平成28年12月〜平成30年3月)
 (免許試験日)
   クレーン・デリック運転士(限定なし)     
   クレーン・デリック運転士〔クレーン限定〕
   クレーン・デリック運転士〔床上運転式クレーン限定〕
 (実技試験の日程)
   希望する試験会場を選択してください。
試験会場  ●管轄住所の安全衛生技術センターで受験しかす。
近畿安全衛生技術センター             ・北海道安全衛生技術センター
中国四国安全衛生技術センター          ・東北安全衛生技術センター
九州安全衛生技術センター             ・関東安全衛生技術センター
中部安全衛生技術センター             ・公益財団法人安全衛生技術試験協会          
 受験料 ・学科試験:各免許試験とも6,800円
・実技試験:11,100円
資格 難易度  ・難易度   「C」 やや易
・合格率    平成28年度クレーン・デリック運転士免許試験結果⇒詳細
    ・クレーン・デリック運転士試験
        合格率 58.7% (受験者数20,935名、合格者数12,281名)
    ・移動式クレーン運転士試験
       合格率 67.8% (受験者数5,331名、合格者数3,617名)
      

※参考データ
・平成27年度試験の合格率 (学科試験)65.3%  受験者数 20,317名
・平成26年度クレーン・デリック運転士免許試験結果
    ・クレーン・デリック運転士試験
      学科試験   合格率 65.6% (受験者数18,913名、合格者数12,401名)
      実技試験  合格率 48.8% (受験者数4,035名、合格者数1,968名)          
    ・移動式クレーン運転士試験
      学科試験  合格率 73.9% (受験者数5,365名、合格者数3,965名)
      実技試験  合格率 63.1% (受験者数659名、合格者数416名)
 受験対策
 &
資格の将来性

この資格を取得するには、財団法人安全衛生技術試験協会の実施する試験に合格して免許を取得しなければなりません。試験は学科試験と実技試験に分かれていますが、労働局長指定の教習所(クレーン学校)で実技教習を修了し、実技試験免除で学科試験に合格して免許を取得する方法もあります。
実技に自信のない人は、教習所(クレーン学校)に通えば実技に関しては問題ありません。最後の修了試験で落ちても補習後に再試験をしてもらえます。

少し知識があれば学科試験の難易度はそれほど高くありませんが、全く知識ゼロの場合は1ヶ月程度の勉強は必要です。教習所(クレーン学校)に通えば知識ゼロでも特別な勉強は必要ありません。テキストだけで十分対応できるレベルです。試験で難易度が高いといえば計算問題くらいです。これも繰り返し演習すれば大丈夫です
全般的にみて、クレーン・デリック運転士免許試験(学科試験)は出題されるパターンがある程度決まっているように思います。従って、対応策は過去問を十分にこなすこと。過去問を繰り返し解いて、間違ったところは参考書などで確認して理解していく。この方法で繰り返しやっておけば、まず問題ないと思います。

この資格は、結構人気が高く、建築系や工場系などのニーズも非常に高いので就職・転職へのアプローチとして期待できるため、中高年退職者の再就職先として挑戦される方も増えています。
クレーン運転士の求人は、建設業や製造業の好不況に左右される面があります。その一方で複数の試験があるので、異なるクレーン・デリック免許を取得したり、技能講習または特別教育を受けることで、業務の幅を広げることも可能なので、その辺も人気の理由なのかもしれません。
活躍できるのはビルの建設現場や、工場、造船所、倉庫・資材置き場、港湾施設など。最近では、女性や外国人の免許取得者も増えています。
通信講座   -
スクール 厚生労働大臣指定教育訓練講座一覧
教材一覧 
問い合わせ先  公益財団法人 安全衛生技術試験協会  http://www.exam.or.jp/
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル東館9階
TEL 03-5275-1088
安全技術センター本部、および各センター
 

 HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.