ファシリティマネジャー


資格名 認定ファシリティマネジャー 
 資格の種類 民間資格    ※主催:社団法人 日本ファシリティマネジメント推進協会
資格の概要  「認定ファシリティーマネジャー」は、企業や団体等、組織体の施設及び環境(ファシリティ)を経営的視点から総合的に企画、管理、活用する経営管理活動に関わる新たな専門家を育成するために、JFMA(日本ファシリティマネジメント推進協会)、NOPA(ニューオフィス推進協議会)、BELCA(建築・設備維持保全推進協会)が認定する資格として1997年7月に創設、スタートした資格です。
快適で機能的なオフィス環境を企画・運営・管理する専門家を認定する資格。企業のあらゆる施設・設備(ファシリティ)を、コスト削減にも考慮しながら有効活用す ることで、会社の施設・設備のマネジメント、業務改善に貢献する資格として注目されています。

一般的にファシリティマネジャーに要求されるマネジメント能力は、マネジメントスキル(業務処理能力)、ヒューマンスキル(対人関係能力)、テクニカルスキル(技術的能力)の3つの能力からなると言われています。

【認定ファシリティマネジャー資格制度において認定される知識・能力】
認定ファシリティマネジャーが次のような知識・能力を所有していることを認定するものです。
@FMの統括マネジメントならびにFMの戦略・中長期実行計画、それに基づく不動産取得、賃貸借、建設等のプロジェクト管理、そして運営維持と評価の流れに沿ったFM業務に関する知識・能力
AFMのための社会性、人間性、企業性、施設、情報等の関連知識
BFMを支える利用者の満足度等の調査・分析、品質分析・評価、ファシリティコスト・投資等の財務分析・評価、需給対応・施設利用度等の分析・評価、そして企画立案やプレゼンテーション等の技術 

※ファシリティマネジャーの試験に合格し、資格登録申請を行うことによって「認定ファシリティマネジャー(CFMJ)」の称号が付与され、資格取得者となることができます。 ただし、資格登録するには条件があるため注意が必要。
(条件)卒業した学校に対応した年数の実務経験を有する必要がある。
・4年制大学の場合−3年以上   ・3年制短期大学−4年以上   ・2年制短期大学、高等専門学校−5年以上
・高等学校−7年以上        ・その他−10年以上

※登録の有効期限について
@登録の有効期限は、登録を受けた日(登録証交付日)から、試験に合格した年または更新講習を修了した年の5年後の年度末まで。
A更新講習(有料)の課程を修了し登録を申請することにより、登録の更新ができます。
B合格しても登録資格に満たない者は、登録資格を満たしてから登録ができます。また合格した年から5年間を過ぎてから登録資格を満たした場合は、初回の登録であっても更新講習(有料)の修了が必要となります。
試験方式  ●学科試験 
・1. FMの概論:多項選択式 80分
・2. FMの実務T:多項選択式 80分
・3. FMの実務U:多項選択式 80分
●論述試験
・4. 論述:90分
※合否判定は2段階で実施される。第1段階は学科試験の結果により論述採点対象者を選別し、第2段階は論述の結果によって最終合格者を決定する。
受験資格  学歴・年齢・性別・国籍な どの制限はない。  ※ 登録には学歴、実務経験による制限がある。
 試験科目 ●学科試験 
・1. FMの概論:FM全体に渡る知識及び概要  FMに関わる社会情勢全般
・2. FMの実務T:統括マネジメント  プロジェクト管理  戦略   運営維持  中長期実行計画   その他
・3. FMの実務U:目標管理と財務評価・品質評価・供給評価  利用者満足度評価  その他
●論述試験
・4. 論述:学科試験で審査した内容以外に、実際のファシリティマネジメントを行う上で必要な問題抽出能力・問
題解決能力、並びに相手に理解してもらう為の表現力・提案力・説得力を評価する。
スケジュール  ・試験日:例年7月(年1回)
・合格発表:9月

平成29年度認定ファシリティマネジャー試験日程
・試験日:平成29年7月9日(日) 
・受験申請受付:申込締切り 平成29年5月12日(金)
・合格発表:平成29年9月 1日(金)
試験会場   札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・金沢・広島・高松・福岡 の9か所
※受験者は受験申込書により上記5カ所の中から、希望する試験地を選択。
受験料   21,600円(消費税込)   ※登録手数料は10,500円(消費税込)
資格 難易度  ・難易度  B「普通」     
・合格率  平成28年度(2016年) 認定ファシリティマネジャー試験結果⇒詳細
         合格率 43.9%  受験者数1,070名 合格者数470名


※参考データ
・平成27年度(2015年) 認定ファシリティマネジャー試験 結果
         合格率 44.0%  受験者数1,074名 合格者数473名
・平成26年度(2014年) 認定ファシリティマネジャー試験 結果
         合格率 43.9%  受験者数1,075名 合格者数472名
・平成25年度(2013年)認定ファシリティマネジャー試験結果
        合格率 43.5%  受験者数1,034名 合格者数450名
  受験対策
  &
資格の将来性 
「ファシリティ」とは、企業・団体などの施設や利用者の環境(働く空間・居住空間、地域環境など)のことを言う。
ファシリティマネジャーは、これらをそこで働く人間にとって機能的で、能率が上 がる場所にするにはどうすればよいか、企業内の施設や設備をどのように有効活用していくか、ということを考えます。そして目的は適切な改善提案をし、それを実行することで、コスト削減、生産性向上を実現することにあります。まだ認知度は高くないですが、これから需要が高まると思われます。

試験は、毎年の受験者数が1600〜2000名程度で、日本ではまだマイナーな資格ですが、試験はかなり難しいようです。項目によっては宅建より難易度が高いと言われることもあるほどで、特に論述試験は宅建みたいに過去問だけではなく、テキストも読まないと対応できません。受験対策はこのテキスト2冊をじっくり読むことと問題集を繰り返しやっておくことに尽きます。 
テキストは「総解説 ファシリティマネジメント 」と「戦略立案・実施の要点がわかる 不動産投資・活用・管理コンパクトガイド 」  
問題集は「過去4ヶ年 認定ファシリティマネジャー資格試験問題集 (認定ファシリティマネジャー資格試験問題集)

試験対策は、ひたすら2〜3年分くらいの過去問を解きまくり、ポイントを丸暗記する。さらに、本試験ではテキストの範囲の内容だけでなく、時事に近い問題も出題されるので注意が必要。また、財務関係の問題や売上高と利益の概念、ROAやROEなどの問題はやや難問が多い。論述試験対策は、関連キーワードで文字数を合わせて事前に文章を作っておき、それを暗記してしまうことがいいでしょう。ポイントはテキストをよく読んで要点を掴むことです。
この試験の受験生は、企業の総務・管理部門に配属されている人や、建築・設計・家具などの専門会社で働く人がが多い。まだ新しい資格試験であるため認知度は低いが、インテリアコーディネーターの資格とあわせて取得するとキャリアアップにつながる。
ファシリティマネジャー資格保有者数は、現在およそ3千名名程度と言われていますが、今後とも施設設備の価値や知的創造性を向上させ高い生産性を目指す資格として、不動産業界でも注目を集める可能性が高い資格と言えます。また、民間資格とは言え、日本またはアメリカで一方の資格取得により申請すれば他国の資格も取得できるなど相互認証制度もあり、国際的にも通用する一面がある点 は見逃せません。

※日本のファシリティマネジャー資格(CFMJ:Certified Facility Manager of Japan)と、米国に本部が置かれている国際ファシリティマネジメント協会 IFMA(International Facility Management Association)認定のファシリティマネジャーの資格(CFM)は、相互認証の制度が整えられているため、日本または米国の一方の資格を持てば、他国の試験を受験することなく、申請により他方の国の資格を得る事が出来るという、国際的に通用出来る資格試験制度 となっています。
また、「認定ファシリティマネジャー資格」の称号を得た人には、企業や団体に情報が伝えられるため、活躍する場ができる制度になっているところも資格保有者には有益です。
通信講座   社団法人 日本ファシリティマネジメント推進協会主催 「FM育成講座」
通学スクール  JFMA セミナー
 教材
問い合わせ先  公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)  http://www.jfma.or.jp/  
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-13-6 浜町ビル6F   TEL03(6912)1177  E-mail: touroku@jfma.or.jp
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.