言語聴覚士


資格名 言語聴覚士     ※略称「ST」。Speech Therapistの頭文字を取っています。
 資格の種類 国家資格(名称独占資格)     厚生労働省管轄     ※試験は財団法人医療研修推進財団が実施する。
資格の概要  1997年言語聴覚士法が制定され、国家資格として認められた比較的新しい資格。
身体、精神などに障害を持つ人に対するリハビリテーションを行うセラピストとしては、理学療法士や、作業療法士の国家資格があるが、この資格は言語、聴覚、えん下の分野のセラピストです。
言語聴覚士は、言語や聴覚、嚥下に関する機能に障害をもつ人に対し、言語訓練を支援する者で、国家資格を持つ専門職です。支援の対象となるのは、病気や外傷による失語症や、構音障害、また聴覚障害、嚥下障害をもつ人で、小児から高齢者まで世代を問いません。医療機関、保健・福祉機関、教育機関など幅広い領域で各種の支援を行っています。

言語聴覚士になるためには専門養成校(養成施設)を卒業した後、言語聴覚士国家試験に合格しなければならない。合格者は、厚生労働省の言語聴覚士名簿に申請・登録された時点で有資格者となる。国家資格としての歴史は比較的新しく、資格化以前は言語療法士、言語治療士等の呼称が用いられていた。
試験方式  ・五肢択一式の設問のみ計200問出題(午前100問、午後100問)。
・合格基準は合格発表後に掲示される。 全部合わせて6割以上取らないとその時点で不合格となる。
受験資格  ○最終学歴が高校の場合
・指定養成所などで3年以上修業した者
・短大を含む大学などで2年以上、あるいは高専で5年以上修業して指定科目を履修し、その後指定養成所などで1年以上修業した者
・短大を含む大学などで1年以上、あるいは高専で4年以上修業して指定科目を履修し、その後指 定養成所などで2年以上修業した者
・短大をのぞく大学で、指定科目を履修し卒業した者
○最終学歴が一般大学の場合
・指定養成所などで2年以上修業した者
○外国
・外国の養成所を卒業した者、外国の言語聴覚士免許を取得した者で、厚生労働大臣が1〜5と同 等の知識・技能を持つと認定した者
※上表のように、これから大学に進学する人は、指定科目を履修できる大学を選べば良いが、高卒の人は指定養成所で3年以上、大卒の人は2年以上修業するのが最短です。
※言語聴覚士の受験資格は複雑です。詳細はこちらで確認ください。

 
 試験科目 ○養成教育で学習する履修科目
・基礎・専門基礎科目:人間の言語・コミュニケーション行動を支える医学、心理学、言語学、音声学、 音響学や社会科学など。
・専門科目:言語聴覚障害学総論、失語・高次脳機能障害学、言語発達障害学、発声発語・嚥下障害学、聴覚障害学など。
・臨床実習:病院、リハビリテーションセンター、小児の療育施設などでの臨床実習

●本試験の試験科目
・午前:
基礎医学、臨床医学、臨床歯科医学、音声・言語・聴覚医学、心理学、音声・言語学、社会福祉・教育、
・午後:
言語聴覚障害学総論、失語・高次脳機能障害学、言語発達障害学、発声発語・嚥下障害学、聴覚障害学
 の合計12科目
スケジュール  年1回、毎年2月上旬の土曜日    ※試験の日程などは厚生労働省から例年9月ごろに発表される。

平成29年実施 第19回言語聴覚士国家試験要綱   試験は終了しました。
・試験日:平成29年2月18日(土) 
・受験申請受付:平成28年11月14日(月)〜12月2日(金)
・合格発表:平成29年3月28日(火) 
試験会場  北海道、東京都、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県の定められた試験会場
受験料  35,700円
資格 難易度  ・難易度  「C」 やや易    
・合格率 第19回言語聴覚士国家試験結果 ⇒ 詳細
          合格率 75.9%  受験者数 2,571名 合格者数 1,951名  
   第19回言語聴覚士国家試験の合格基準
   配点を1問1点、合計200点満点とし、120点以上を合格とする。 総得点 120点以上 / 200点

※参考データ
・第18回言語聴覚士国家試験結果
      受験者数 2,553名  合格者数 1,725名  合格率 67.6%
・平成27年第17回言語聴覚士国家試験結果
      受験者数 2,506名  合格者数 1,776名  合格率 70.9%
・平成26年 第16回言語聴覚士国家試験結果
      受験者数 2,401名  合格者数 1,779名  合格率 74.1%
・平成25年 第15回言語聴覚士国家試験結果
      受験者数 2,381人  合格者数 1,621人  合格率 68.1%
受験対策
  &
資格の将来性
  
資格としてはまだマイナーなせいもあり、資格試験の対策講座は非常に少ないため、受験対策はどうしても独学になるでしょう。試験は、独学でも通用するので、参考書と過去問を併行活用して勉強するのがいいでしょう。
試験は、それほどの難関試験でもありませんので、しっかりと計画を立てて対策しておけば問題ないでしょう。毎年、2500人前後の方が受験しますが、受験生は比較的女性が多く、約8割が女性で、その約1/3が20代です。
これから大学に進学する人は、指定科目を履修できる大学を選べばいいですが、高卒の方は指定養成所で3年以上、大卒の方は2年以上修業するのが最短の資格取得の道です。また、その場合、学費は3年間で最低でも300万円以上はかかることを知っておかねばなりません。

まだ有資格者が少なく、需要が非常に高い資格ですが、仕事は医学的知識以外にも心理学的知識や患者さんとのコミュニケーション能力など幅広い知識が要求されます。高齢化の背景などもあり、言語聴覚障害を持つ人が増える中、言語聴覚士の需要も多く将来性もあります。また、やりがいのある仕事と言えます。

言語聴覚士としての勤務先は、リハビリテーション科や耳鼻咽喉科を中心とした病院・診療所、難聴幼児通園施設・聴覚言語障害者更生施設、重症心身障害児施設を中心とした社会福祉施設、 保健所などになります。また、小学校、中学校などの難聴学級など教育機関でも今後は活躍できる可能性があります。
また特に、高齢化社会の進行で、嚥下障害、脳卒中による失語症、難聴などの高齢者が多くなり、言語聴覚士はそれらの障害を持つお年寄りの回復に関しても非常に期待さ れています。
このように、言語聴覚士の勤務先は病院施設、福祉施設全般にわたりますが、残念ながら言語聴覚士の役割を重要視している病院や福祉施設はまだ、比較的少なく、求人数は少ないのが現状です。この他に、独立する方法もありますが、まだまだ世間に認知されておらず簡単なものではないようです。
言語聴覚士という仕事柄、責任感の強い人や、人が喜ぶことをするのが好きな人、我慢強い人、また自己管理のできる人などがこの仕事に向いた人と言えるでしょう。

※言語聴覚士の養成校について  ⇒ 養成校一覧
言語聴覚士になるには、専門養成校(養成施設)を卒業しなければなりませんが、この養成校への入学試験については、比較的合格しやすいところが多いようです。 ただ、大学卒の方を対象とする2年の養成校は、学力レベルがやや高く、入学するのが困難なようです。 一般に、医療関係の学校は面接試験が厳しい場合が多く、学力があってもそれほど簡単には合格できません。また、入学しやすい養成校でも、卒業するのはそれほど簡単ではないようです。
養成校では、医学や聴覚などの理系の分野と、教育や心理などの文系の分野、どちらも勉強しないといけませんので、どこもカリキュラムがかなり過密になっています。そして、評価も非常に厳しく、多くの学生が留年するとも言われています。

(関連情報)
・この就職難の中でも100%近い就職率を誇るスーパー専門学校があります。神戸市にある神戸総合医療専門学校の求人は、2015年度の求人数10,931名、求人倍率が何と28倍という驚異的な数値です。
同校は1974年に創設され、医療分野に特化した高い専門性が強み。理学療法士、診察放射線技師、言語聴覚士などの国家試験に高い合格率を誇ります。
資格を取れば、医療機関からの引く手はあまた。特にリハビリ系の作業療法士や理学療法士は、求人倍率が30倍以上になることもあるようです。但し、それだけに入学した後の勉強もハードで、豊富な臨床実習を含むカリキュラムが週5〜6日、みっちりと組まれています。 ⇒神戸総合医療専門学校
通信講座   -
通学スクール   言語聴覚士資格スクール一覧
教材     
売れ筋教材  「言語聴覚士」資格本のAmazon売れ筋ランキング
問い合わせ先  財団法人医療研修推進財団試験登録部      http://www.pmet.or.jp/
〒105-0001東京都港区虎ノ門1-22-14ミツヤ虎ノ門ビル4F  TEL03(3501)6515
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.