ホームヘルパー(訪問介護員)


資格名 訪問介護員     ※現在では一般に「ホームヘルパー」と呼んでいます。
 資格の種類 公的資格
資格の概要 
「ホームヘルパー2級」資格制度は、2013年4月に廃止になり、「介護職員初任者研修制度」に移行しました。


平成25年4月より、「訪問介護員養成研修(1級〜3級)」及び「介護職員基礎研修」は「介護職員初任者研修」に一元化されました。本研修は、訪問介護事業に従事しようとする者、もしくは在宅・施設を問わず、介護の業務に従事しようとする者が対象となります。
  「介護職員初任者研修」は、その制度や実施について厚生労働省が指針を示し、各都道府県の実施要綱に基づいて、各都道府県が指定した養成機関で実施しています。

※受講を希望する方、研修事業を行いたい事業者は居住区域の都道府県庁に問い合わせください。
             ⇒各都道府県問い合わせ先

これから、訪問介護員(ホームヘルパー)になるには
 訪問介護員になるための旧養成研修(訪問介護員養成研修1級・2級、介護職員初任者研修)は、体系が複雑であったため、平成25年4月より「介護職員初任者研修」に一元化されました。

               ⇒ 「介護職員初任者研修」ページを見る
 
これから訪問介護員(ホームヘルパー)を目指す方は、各都道府県の指定を受けた事業者が実施する「介護職員初任者研修」を受講する必要があります。 実施機関や受講料、実施時期などの詳細は各都道府県の介護保険主管課等で情報提供していますので、居住区域の都道府県に問い合わせください。

■介護職員初任者研修の研修内容
科目  時間  備考 

1.職務の理解

6時間

・講義と演習を一体で実施すること。

・必要に応じて施設の見学等の実習

を活用すること。

2.介護における尊厳の保持・自立支援

9時間

・講義と演習を一体で実施すること。 


3.介護の基本

6時間

4.介護・福祉サービスの理解と医療の連携

9時間

5.介護におけるコミュニケーション技術

6時間
6.老化の理解  6時間 

7.認知症の理解

6時間

8.障害の理解

3時間

9.こころとからだのしくみと生活支援技術

75時間

・講義と演習を一体で実施すること。

・介護に必要な基礎的知識の確認及び

生活支援技術の習得状況の確認を行う

こと。

10.振り返り

4時間

・講義と演習を一体で実施すること。

・必要に応じて、施設の見学等の実習を活用すること。

合計    130時間 
※上記とは別に、筆記試験による修了評価(1時間程度)を実施すること。
※施行日 平成25年4月1日  
試験方式  国が定めたホームヘルパー養成研修を修了すれば取得可能な公的資格で、試験はありません。
講座を修了すれば得られる公的資格です。
受験資格  ・養成研修の受講資格はありません。
※2級,3級は受講資格は問われませんが、1級の研修は都道府県によっては、2級修了後、実務経験が求められる場合もあります。
 試験科目 ホームヘルパー2級の受講形式は、講義+実技+実習となっています。 学習内容は業務に必要な介護の知識と方法、家事援助に関する知識と方法の他、介護を受ける高齢者との接し方やまた社会福祉制度などを学びます。
実技では、介護技術の入門を学び、実習では施設や在宅においてサービスに同行します。ホームヘルパー3級講座の研修内容には含まれない、実践 的な知識や技術を身につけるのがホームヘルパー2級講座の特徴と言えます。
スケジュール  全国都道府県で行われ、 実施する団体によって日程や費用は異なります。
 試験会場  各市町村の高齢者福祉・障害者福祉関係の窓口で問い合わせれば講習を行っている団体を教えてくれます。
 受験料  実施する団体によって日程や費用は異なります。おおよそ、8万円〜9万円前後は必要です。
資格 難易度  ・難易度  「D」 易しい
・合格率  試験はありません。
 受験対策
 &
資格の将来性
ホームヘルパーには1級から3級まであり、男子も、女子も人気資格ランキングベスト10にいつも選ばれる資格の一つです。入門編である3級は、50時間の講習を受けると認定されます。ただ、3級の講習を実施する事業者や学校はほとんどなく、今は家庭で家族介護に携わる人を対象に自治体が中心になって行っています。
また3級は家事程度で業務範囲が狭く、介護・福祉の分野で働きたい人はまずホームヘルパー 2級の資格取得にチャレンジするのが 一般的です。最近では家庭内の介護にも活かせる知識としてホームヘルパー 2級などの講座を受講する人も多くなっています。実際に身体介護サービスを行うためには2級以上が必須で、2級以上を取得しておく方が転職にも有利です。

2級の取得条件である研修では、ホームヘルパーが介護の現場で仕事をする上で最低限必要な基礎的な知識から、制度やサービス内容までを学習します。次に実技研修では、身体的介助に関する 具体的な方法をロールプレイング式で技能を修得します。ホームヘルパーは他の資格と異なり、研修を受講すれば取得できますが、ホームヘルパーとして働くには介護対象者との身体的接触、コミュニケーションなどが 必要とされる難しい職業です。介護福祉分野の一端を担い社会に貢献する、という心構えで研修に臨むことが大切です。
ホームヘルパーの主な仕事は、 1.身体の介護に関すること(食事、排せつ、衣類着脱、入浴、身体の清拭・洗髪、通院等の介護)。2.家事に関すること(調理、衣類の洗濯・補修、住居等の掃除・整理整とん、生活必需品の買い物、関係機関との連絡、その他の家事)。3.相談・助言に関すること、の3つです。
この内容を見れが分かる通り、一般的に労働の割りに収入は良くないので、職業として考える場合は、できればホームへルパーをステップにして介護福祉士などを狙うのが良いでしょう。資格取得者は、ほとんどが介護にともなう仕事に従事したいと考えているか、従事している女性で、年齢的には40歳以上が多いようです。
この種の仕事は安定しているため、ケアマネージャーや国家資格である介護福祉士へステップアップできれば、収入もアップするなど将来の夢も広がります。ヘルパー資格取得後、実務経験3年以上で介護福祉士、5年で介護支援専門員の受験資格が得られます。
尚、ホームヘルパー1級は職場や仕事内容を見ると介護福祉士とほぼ同じですが、資格のレベルで言えば、国家資格である介護福祉士が上位資格。介護福祉士有資格者は、ホームヘルパー1級修了と見なされます。

ホームヘルパーは高齢化の進む日本の社会ではニーズが多く、今後も増えていく仕事なので、取得しておくと就職にも間違いなく有利な資格です。
資格取得後は、特別養護老人ホームやグループホーム、老人ホームなどの介護施設や民間の福祉サービス事業所等、訪問介護事業所に登録して、ヘルパーとしての第一歩を踏み出すのが一般的です。 また、デイケア施設や老人ホームなどの施設にパートや正社員として勤めることもできます。
雇用形態も正社員だけでなく、準社員や派遣スタッフ、ア ルバイトと豊富なので、ライフスタイルにあわせて働けるのもホームヘルパー の魅力の一つと言えます。そして、1年以上の実務経験を持てば、さらに上の資格を受講できるようになり、ステップアップを望めます。介護職は、これからの高齢化社会で最も需要の高い職業とも言えますが、専門的な知識と介護へのスキルはもちろん、体力や思いやりが必要な職業です。
また資格取得に年齢制限はありませんが、実地講習などが必要なため、独学で取得することはできません。
介護制度の充実のため、厚生労働省はホームヘルパーの数を2004年までに35万人に、さらに2010年までに56万人に増やす方針を打ち出しています。しかし実際にはまだまだ有資格者が不足しているのが実情なので、ホームヘルパーのニーズはこれからもますます高まっていくことは間違いないと思われます。

※2007年から「介護職員基礎研修」が スタートしたことから、ヘルパー1級養成講座は2012年度をめどに廃止になることがほぼ決まっています。介護職員基礎研修はヘルパー1級より上位資格となるため、これから受講するなら、1級講座よりは介護職員基礎研修を受講する方がいいでしょう。あるいは3年以上の実務経験がある人なら、国家資格の介護福祉士を取得するのがベストの選択だと思われます。

< 情報 >
2012年上半期に行われた調査によると、医療・介護福祉関連の資格やスキルを学ぶ女性が前年同期比で約1.3倍に増加していることが分かりました。中でも、正社員として働きながら資格取得を目指す「OL層」の増加率が顕著で、ホームヘルパー2級は1.9倍に、介護支援専門員(ケアマネジャー)は2.9倍、社会福祉士は1.9倍、介護職員基礎研修は3.2倍と大幅な増加になっています。
この大きな理由の一つは、今は正社員として企業で働きながら、将来は結婚や出産、育児後にも働くことのできる「介護の仕事」への転職を考え、また家族の介護にも役立つことを考慮して、計画的に資格取得を目指す女性が増えているものと思われます。
また、来年度(2013年度)からホームヘルパーの廃止、介護福祉士の受験資格の見直しなどが予定されているため、現制度のうちに、資格を取っておこうとする制度改正前の「駆け込み需要」も背景にあるようです。
通信講座   介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)
通学スクール  介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)スクール・講座一覧
 教材  
問い合わせ先  全国ホームヘルパーネットワーク  http://www3.shakyo.or.jp/hhk/index.htm
 
 HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.