看護師・准看護師


資格名 看護師       
 資格の種類 国家資格          認定  厚生労働省
資格の概要  「看護師」は、看護学校などで養成教育を受けた後、卒業し国家試験に合格した者を言います。国家試験に合格し、厚生労働大臣から免許を受ければ、原則として更新することなく一生、看護師として働くことが可能となっています(生涯免許)。2002年3月以前までは法律上、女性を「看護婦」、男性を「看護士」として区別していました。

看護師は病院だけでなく、それ以外にさまざまな就業場所があり、その就業場所によって仕事内容は異なります。病院で働く場合は基本的に医師の診断・治療のための補助的役割や、患者とその家族への対応が中心の仕事になります。
一方、看護師になるためには、高校卒業後、法律で定められた養成施設で3年以上勉強して、国家試験受験資格を取得、国家試験に合格して看護師になるのが一般的です。准看護師から看護師に進むこともできますが、この場合には進学コースで昼間なら2年間、定時制なら3年間の勉強を経て、国家試験受験資格を得ることになります。
また、中学卒業後、高等学校衛生看護科に進学し、准看護師免許を取得後、そこから進学コース(昼間2年)に進む方法をとると2年で看護師になることができる、一番早い方法です。

医師の指示のもとに医療補助を行う仕事が主になる看護師ですが、最近では高齢化に伴い、社会福祉施設等において利用者の健康管理、訪問介護などの分野でも活躍することも多くなっています。現在の職場分布は、病院が約65%、診療所20%程度、福祉関係施設に約7%ですが、高齢化社会の到来とともに、社会福祉関係に従事する割合が高まっていることは事実です。いずれにしても高度な専門知識と自律的な判断力、過酷な労働条件に耐えられる精神力が求められる仕事であることに変わりはありません。

※認定看護師
必要な教育課程を修了し、特定の看護分野において、熟練した看護知識と技術を用い看護ケアを実践できる看護師として日本看護協会から認定を受けた看護師を言います。
※専門看護師
日本看護協会が行う専門看護師認定試験に合格し、ある特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有することが認められた看護師を言います。平成8年に初めて専門看護師が認定され、平成23年8月現在、全国にわずか612人しか認定されていません。

「准看護師」は、都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師、または看護師の指示を受けて、傷病者等に対する療養上の世話や、診療の補助をする者のことです。看護師が国家資格免許なのに対し、准看護師は「都道府県知事免許」となっています。

※保健師助産師看護師法
1.看護師:厚生大臣の免許を受けて、傷病者若しくは、褥婦に対する療養上の世話又は診療の補助をなすことを業とする者をいいます。(第5条)
2.准看護師:都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師又は看護師の指示を受けて、傷病者若しくは、褥婦に対する療養上の世話又は診療の補助をなすことを業とする者をいいます。(第6条)

◆准看護師と正看護師の違い (現状)
正看護師と准看護師   
   看護師 准看護師 
 免許 国家免許(厚生労働相)  都道府県知事免許 
業務 内容 自らの判断により、主体的に患者の看護や世話が行える  医師、歯科医師、看護師等の指示により患者の世話や看護を行う 
就業者数
(2013年末) 
 110万3913名  37万2804名
 施設への入学要件  高卒以上 中卒以上 
教育時間   3000時間以上  1890時間以上
平均給与
14年 
 32万9000円  28万6200円

准看護師に関する最新情報(2015.7)
厚生労働省は、准看護師が看護師を目指して通う通信制学校(2年課程)の入学要件について、「10年以上の実務経験」という現行の規制を「5年程度」に大幅に緩和し、早ければ2017年度の入学者から適用するように年末までに省令を改正する方向を決定しました。
現在は、准看護師が看護師になるためには、2年間全日制の看護師学校などに通うか、医療現場での10年以上の実務経験を経て通信制を2年間受講し、国家試験に合格する必要があるため、働きながら看護師学校に通うのは無理でで、看護師を目指すには通信制が現実的になっています。看護師を目指し通信制に入学する准看護師は年約3000人いるため、今回の規制緩和は働きながらキャリアアップを目指す准看護師を支援する狙いがあります。


◆看護師資格関連情報
2015年度 技術系資格試験「受験者数ランキング」
   資格名 受験者数(人)  備考
 1位 介護福祉士 152,500 保育士の受験者数増加と、ケアマネージャーの受験者数減が顕著。
※保育士、看護師の受験者数増は堅調、介護福祉士も2念連続15万人台に。
 2位 ケアマネージャー 134,800
 3位 保育士 67,500
 4位 看護師 62,100
 5位 社会福祉士 44,700

・看護系の学部・学科を設置する大学が全国的に増えています。
看護師国家試験の受験資格が得られる学部や学科を持つ大学は1991年度には11校でしたが、95年以降は毎年10校のペースで増え、20年で7倍以上になりました。
(参考)第105回看護師国家試験 学校別合格者一覧表
試験方式  ●試験方式は 四肢択一、五者択一、五者択二 で選択するマークシート方式で、写真など視覚素材を取り入れた問題が出題されます。
・試験は1日で全てが行われます。
・試験の配点は状況設定問題が各2点、その他は各1点です。
・合格基準
必修問題:8点以上/10点  (2)一般問題・状況設定問題:132点以上/200点
※(例)2011年度試験の出題数・配点・試験時間
・午前 (試験時間 2時間45分)  必修問題(25問:25点)/一般問題(65問:65点)/状況設定問題(30問:60点) 
・午後 (試験時間 2時間30分)  必修問題(25問:25点)/一般問題(65問:65点)/状況設定問題(30問:60点) 
     合計:240問(300点満点)
※必修問題は80%を満たすことが条件の絶対評価になります。それに対して、一般問題+状況設定問題については、合格発表時に合格ラインの点数を公表する相対評価です。


※平成25年に実施される第102回看護師国家試験から出題方法が次のように変更されます。
(1)計算問題における非選択式形式 
計算問題においては、より確実に評価するために、現在の4肢択一形式、5肢択一形式及び5肢複択形式に加えて、直接数字を解答する出題形式が取り入れられます。
(2)状況設定問題における2連問の導入 
試験問題としての質を担保するために、状況設定問題を現行の1状況3連問のほか、1状況2連問でも出題されることになります。
受験資格  1:文部科学大臣指定の看護師養成校で3年以上看護師になるのに必要な学科を学んだ者(卒業見込みを含む)。
2:厚生労働大臣指定の看護師養成校を卒業した者(卒業見込みを含む)。
3:免許取得後3年以上業務に従事している准看護師、または高等学校もしくは中等教育学校を卒業している准看護師で、指定学校または指定養成所で2年以上修業した者(卒業見込みを含む)。
4:外国の看護師養成校を卒業、または外国での看護師免許を取得者で、厚生労働大臣が1または2と同等以上の知識と技能があると認めた者。
5:保健婦助産婦看護婦法の一部を改正する法律(昭和26年法律第147号)附則第8項に規定する者。

※看護師になるのには、年齢制限はありません。
※受験手続については、こちらを確認ください。
 試験科目 ●試験科目は11科目。
1.人体の構造と機能
2.疾病の成り立ちと回復の促進
3.健康支援と社会保障制度
4.基礎看護学
5.在宅看護論及び看護の統合と実践
6.成人看護学
7.老年看護学
8.小児看護学
9.母性看護学
10.精神看護学
11.在宅看護論及び看護の統合と実践
  この中から、必修問題、一般問題、状況設定問題として出題されます。

※看護学校等の3年間(大学は4年間)で、「看護基礎教育」(基礎分野・専門基礎分野・専門分野)として、この試験科目について学びます。
スケジュール  ・試験日:毎年2月中旬の日曜日(詳細は官報に公示されます)
・申込期間:11月下旬〜12月中旬
・合格発表:3月下旬(厚生労働省、地方厚生局及び地方厚生支局に受験地及び受験番号を掲示して発表されます)

平成29年第106回看護師国家試験日程   試験は終了しました。
・試験日:平成29年2月19日(日)
・受験申請受付:11月18日(金)〜12月9日(金)
・合格発表:平成29年3月27日(月)午後2時 
試験会場  北海道青森県宮城県東京都愛知県石川県大阪府広島県香川県福岡県沖縄県
受験料  ・5,400円(収入印紙)
資格 難易度  ・難易度  「C」 やや易
・合格率  第106回看護師国家試験結果 ⇒詳細     
   出願者数 受験者数  合格者数  合格率 
 全体 63,043人 62,534人 55,367人 88.5%
 うち新卒者 56,706人 56,381人 53,177人 94.3%
(合格基準)
必修問題及び一般問題を1問1点、状況設定問題を1問2点とし次の(1)〜(2)の全てを満たす者
(1)必修問題 40点以上/50点  (2)一般問題及び状況設定問題 142点以上/248点
但し、必修問題の一部を採点対象から除外された受験者にあっては、必修問題の得点について、40点以上/49点又は39点以上/48点となる。


※参考データ
・第105回看護師国家試験結果     
   出願者数 受験者数  合格者数  合格率 
 全体 62,633人 62,154人 55,585人 89.4%
 うち新卒者 56,697人 56,414人 53,547人 94.9%
・第104回看護師国家試験結果     
   出願者数 受験者数  合格者数  合格率 
 全体 61,480人 60,947人 54,871人 90.0%
 うち新卒者 55,348人 55,015人 52,547人 95.5%
・第103回看護師国家試験結果      
   出願者数 受験者数  合格者数  合格率 
 全体 60,312人 58,891人 52,900人 89.8%
 うち新卒者 53,890人 52,914人 50,394人 95.2%
受験対策
 &
資格の将来性

試験の「必修問題」は、 看護師として特に重要な基本事項を問う問題で、評価には絶対基準(一定の点数が取れているかによって合否が判定される)が採用されており、原則として80%の正答率が必要とされています。これは過去5年間変わっていません。 「必修問題」に関しては、出題数が第99回から50問へ増えました。
「一般問題」では、午前中の試験で必修問題と組み合わせ、午後では状況設定問題と組み合わせて出題されています。
「状況設定問題」は問題文が長く、総合的な知識を駆使して状況判断を行い解答していく形式になり、試験問題の配点が一番高くなっています。これは、現場シーンを想定した、より実践的な問題をケーススタディ形式で出題する問題になっているからのようです。

統計や社会保障・医療保険制度、保健師助産師看護師法などは、頭から丸暗記するつもりで、問題を解くより、まず暗記カードなどを作って覚えなければなりません。また、この試験の傾向として、基礎分野重視がみられますので、基礎看護、解剖生理、病態生理などの基礎となる分野を重点的に固めておくことが大切です。

試験そのもののレベルは、看護学校などで真面目に勉強していれば、それほど難易度の高い試験ではありません。
試験の合格率も90%以上なので、普通に勉強していればかなり高い確率で合格できる試験といえます。
それでも、まだもっと詳しい試験対策が知りたいという方に、絶対のおすすめ教材を紹介しておきます。
一つは、「系統別看護師国家試験問題 解答と解説 」。主な試験勉強はこれ1冊でいけます。過去6年分の全問題と、オリジナル模擬問題が載っています。系統別+テーマごとに問題を分類・配列してありますので出題傾向をつかむことができます。
もう一つが、「看護師・看護学生のためのレビューブック〈2013〉 」。過去10年分の国家試験出題内容が1冊にまとめてあります。わからない時はこれを見れば一発で解決します。
さらに、この本「デルカン 2013―看護師国家試験直前対策ブック ここがよく出る看護師国家試験ポイント (-) 」 
この本は、直前対策書です。毎年、ここからかなり試験に出ています。最低これだけは覚えなければならないことが分かりやすくまとめてあります。
どの本も高い本ばかりなので、どれか1冊は選んで活用するといいでしょう。どれも買って後悔はしないと思います。
全体を通しての出題傾向として、実際の現場に立ったとき、いつも患者さんのために、何をどうしたら良いのかを考える臨床現場重視の医療に携わる者としての常識を問う問題がこれからも増えることが予想されます。

※看護師試験対策ニュース 
看護師試験の最後の追い込みに最適なスマホのアプリが人気のようです。
このアプリでは、過去6年分の看護師国家試験の過去問題(約1200問)が収録されており、「分野別」・「解説付き」で解くことができます。間違えた問題は自動的に「苦手問題」に登録される機能がついているので、移動時間などを活用しながら効率的に間違えた問題だけ復習できます。下記からダウンロードできます。
     GooglePlay:https://play.google.com/store/apps/details?id=nsc.kangoshikokushi
     AppStore:https://itunes.apple.com/jp/app/nasu-zhuan-ke-kan-hu-shi-guo/id411865515?mt=8


看護師の就業先は病院だけでなく、最近では看護師を必要としている分野はとても幅広くなっています。
診療所や、検診車(企業などに出向き検診業務を行う)、献血ルーム(献血車)、保健所、看護施設(老人福祉施設・介護保険施設・訪問看護ステーションなど)福祉施設、身体障害者施設等があげられます。

※看護師は全国的に人員不足状態であり、それに加えて介護福祉などのニーズが増えています。一度看護師として病院などで働いていた人が、結婚などによって退職し、そのまま職場から離れていくという人が多くいます。この「休眠看護師」と呼ばれる看護師資格保持者たちの職場復帰が推進されようとしているのが、現在の日本の看護師事情です。こういったことから、これからも看護師は多くの需要があり続けるでしょう。さらに、「保健師」や「助産師」の国家資格を取得すればさらに活躍できる分野は幅広くなるでしょう。
ただ、仕事は高度な専門知識と判断力、その上、常に過酷な労働条件に耐えられる精神力を求められることを覚悟しなければなりませんが、超高齢化社会が到来する10年後、最も食いっぱぐれのない資格は医療系で、なかでも看護師は注目です。米国にナースプラクティショナー(NP)という制度があるのと同様に、日本でも「特定看護師」の法制化が検討されています。10年後には導入される公算が大きいと思われます。


◆看護師資格関係情報
(1)高齢化の進行により、看護師の需要が急増していますが、看護師になるためには、高校卒業後に専門学校などの看護師養成所で3年以上勉強し、国家試験に合格しなければなりません。さらに女性の仕事というイメージが強いため転職を考える男性は少ないのですが、実は意外に狙い目なのです。
学費は年間100万円近くかかり、かなり厳しいですが、卒業して資格さえ取ってしまえば、年齢や性別を問わずに一生続けられる仕事です。景気にも左右されないので、見方を変えればむしろ男性にオススメの職業だと言われています。平成23年の統計資料では、男性の看護職は全体の5%強で、中には看護師長や看護部長といった管理職もいます。また厚生労働省の調査によれば、2013年で約4万2000人の看護師が不足するとされています。そしてその待遇は、勤続10年の看護師(非管理職)で、約月給32万円。さて男性の皆さん、3年間勉強してリスタートは「看護師で」というのはいかがでしょうか。
(2)「2013年専門職に強い大学ランキング」の結果から。
看護師、保健師の国家試験で合格率トップとなったのは順天堂大学でした。その後には、帝京大学や静岡県の浜松にある聖隷クリストファー大学などが続きました。
通信講座   看護師資格対策 通信講座一覧         
通学スクール   看護師対策 通学スクール・講座一覧
教材
売れ筋教材  「看護師・准看護師」資格本のAmazon売れ筋ランキング
問い合わせ先  ・厚生労働省 医政局医事課試験免許室  TEL 03-5253-1111
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2

・全国各地にある地方厚生局、または地方厚生支局
東京エリア  郵便番号330-9713 
埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館 関東信越厚生局 
電話番号048(740)0810 FAX番号048(601)1326
 
HOME

Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.