建設業経理士・経理事務士

資格名 建設業経理事務士       称号:1級・2級は建設業経理士、3級・4級は建設業経理事務士
 資格の種類 民間資格         主催 財団法人建設業振興基金  ※国土交通大臣登録経理試験(1,2級)
資格の概要  この資格試験制度は、主に建設業の企業内で経理部門に従事する方を対象に、建設業経理に関する知識及び処理能力の向上を図ることを目的としてつくられた試験制度で、昭和56年度より実施されています。(試験名:建設業経理検定試験) 試験級は1級から4級まで、1級と2級は国土交通大臣登録経理試験に指定され、公共工事の入札に係わる経営事項審査の評価対象となっています。

資格取得者は、建設業界における経理のスペシャリストと言える存在で、平成23年3月末日現在の登録者数は、約3400名、 内訳は1級登録建設業経理士約1,560名、2級登録建設業経理士約1,780名。

※平成18年4月より、1級・2級検定は「建設業経理士検定試験」となりました。合格者の称号は「1級建設業経理士」「2級建設業経理士」。3級・4級は、従来通り「建設業経理事務士検定試験」として実施され、合格者の称号については「3級建設業経理事務士」「4級建設業経理事務士」となります
※各級の基準
・1級:建設業に係る簿記・会計学・原価計算を習得している。会社法のほか、企業会計に関する法規を理解し、経営分析ができる。
・2級:実践的な建設業に係る簿記・原価計算に関する知識を有し、建設業に係る決算の実務処理ができる。
・3級:基礎的な建設業に係る必要な簿記に関する知識を有しており、かつ簡易な実務処理ができる。
・4級:初歩的な建設業に係る簿記の初歩的な実務処理ができる。
※1級各科目の合格は、合格通知書の交付日から5年間有効です。

●特別研修
昭和59年より建設業会計に関する知識と処理能力の向上を図り、建設会社の経営基盤強化を目的に「建設業経理事務士特別研修(3級・4級)」が実施されています。
この「特別研修」は、講習と検定試験とが組み合わせて実施されるもので、研修最終日に行われる検定試験に合格すると、3級または4級建設業経理事務士の資格が得られます。
【特別講習実施状況】
・3級
  受講者数  合格者数  合格率 
平成25年度 1,065 996 93.5%
平成26年度 1,186 1,097 92.5%
・4級
平成25年度 1,951 1,917 98.3%
平成26年度 2,029 1,995 98.3%

・特別研修の受講資格
  4級:誰でも申込みできます。 3級:建設業経理事務士4級の有資格者
※建設業経理事務士4級の有資格者でない方でも、同一年度で4級・3級の同時申込みが出来ます。
・研修概要
 4級:2日間 (簿記とは何か、という段階から、複式簿記の仕組みを理解する)
 3級:3日間 (建設工事の施工工程で発生する取引や、一般的な商取引に係る記帳処理上の問題点、建設業の決算の他、建設業の原価計算の基礎などを理解する)
・受講料 (テキスト代、検定代、消費税込)
 4級 20,600円  3級 30,900円  4級・3級 51,500円
試験方式  ●選択式と記述式で構成されている。
 4級から2級までは択一式や多肢選択式、1級には論述形式(仕訳問題)も加わる。

※1級については、1科目受験のほか、2科目、3科目の同日受験が可能です。他の級についても、2級と3級または3級と4級を組み合わせて同日受験が可能です。
※1級は原価計算・財務諸表・財務分析の三科目の試験を5年以内に合格しなければなりません。3科目に合格して1級資格者となります。

※3級と4級はそれぞれ3日間・2日間で研修と試験がセットの特別研修制度もあります。
受験資格  ・年齢、性別、学歴等に関係なく誰でも受験できます。
 試験科目 ・1級(建設業経理士)
@建設業原価計算、A財務諸表論、B財務諸表分析
上級の建設業簿記、建設業原価計算及び会計学を修得し、商法その他会計に関する法規を理解しており、建設業の財務諸表の作成及びそれに基づく経営分析が行えること。
・2級 (建設業経理士)
@建設業の簿記・原価計算、A会社会計
実践的な建設業簿記、基礎的な建設業原価計算を修得し、決算等に関する実務を行えること。
・3級(建設業経理事務士)
@建設業の簿記・原価計算
基礎的な建設業簿記の原理及び記帳並びに初歩的な建設業原価計算を理解しており、決算等に関する初歩的な実務を行えること。
・4級(建設業経理事務士)
@基本的な簿記の仕組み
初歩的な建設業簿記を理解していること。

建設業経理事務士特別研修 出題区分表(3・4級)
スケジュール  ・試験日:(1級・2級)年2回  9月上旬 3月上旬
      (3級・4級)年1回  3月上旬
※上期には1級(3科目)及び2級の試験、下期では1級(3科目)〜4級の試験が実施されます。


平成29年度上期建設業経理検定(経理士・経理事務士)試験日程
・試験日:平成29年9月10日(日) 
・受験申請受付:平成29年5月19日(金)〜6月20日(火)
・合格発表:平成29年11月10日(金) 
試験会場  ・全国47主要都市
札幌、青森、盛岡、仙台、秋田、山形、福島、水戸、宇都宮、前橋、上尾、市川、東京、藤沢、新潟、富山、金沢、福井、甲府、松本、岐阜、静岡、名古屋、津、大津、京都、大阪、神戸、奈良、和歌山、倉吉、松江、岡山、広島、山口、徳島、高松、松山、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄
受験料  ・1級 (一科目)7,410円  1級 (二科目) 10,600円   1級 (三科目) 13,680円
・2級 6,280円  ・3級 5,250円  ・4級 4,220円(いずれも税込)
資格 難易度  ・難易度  「C」やや易 3級(建設業経理事務士)
・合格率   平成29年第22回建設業経理検定1・2級(建設業経理士)試験結果 ⇒詳細
        平成29年第36回建設業経理検定3・4級(建設業経理事務士)試験結果 ⇒詳細
【1級】   
   受験者数 合格者数  合格率 
 財務諸表  1,584名  427名  27.0%
 財務分析  1,155 488   42.3%
 原価計算  1,885 521  27.6%
【2級】
 受験者数 合格者数  合格率 
 8,616名  3,206名  37.2%


※参考データ
・平成29年第36回建設業経理検定3・4級(建設業経理事務士)試験結果 ⇒詳細
・平成29年第21回建設業経理検定1・2級(建設業経理士)試験結果 ⇒詳細
・平成28年第20回建設業経理検定試験結果1・2級 
【1級】   
   受験者数 合格者数  合格率 
 財務諸表  1,653名  355名  21.5%
 財務分析  1,123 260   23.2%
 原価計算  1,753 375   21.4%
【2級】
 受験者数 合格者数  合格率 
 8,343名  4,241名  50.8%
  受験対策
 &
資格の将来性
この試験は、建設業の経理に関する知識が問われる試験です。建設業特有のルールがあるものの、他の簿記検定と共通する部分も多いので、簿記検定の受験経験があると学習しやすいと思います。尚、2級以上の合格者は公共工事の入札にかかる審査の評価に加点されるため、実用性の高い試験でもあります。

試験の内容は、建設業特有の勘定科目や考え方を通常の簿記に取り入れた内容になります。また会社の事務処理の大半をコンピューターが行うようになり、人の仕事は問題点の分析や原因追究といったことが多くなり、建設業経理士も経理事務士の資格も、単に問題が解けるというより、実務的には出てきた数字からどのような問題点があるのかを見抜ける力というものが必要になります。従って、建設業界でこれから先もずっと働いていくと考えておられている方にはこの資格はお薦めです。建設業界は考えていないという方は、日商簿記検定の方が良いでしょう。

・3級・4級(建設業経理事務士)
難易度は高くありません。また、建設業経理事務士3級、4級は取得してもあまり役には立たないでしょう。2級受験の腕試しをするためには良いかもしれませんが、受験資格の制限はありませんので直接2級から挑戦してもいいと思います。

・2級
難易度はそれほど高くありません。他の簿記資格や、建設業経理事務士3級を所持している方であれば、独学でも十分合格できます。また、簿記を一度でも学習したことのある方であれば、2級なら独学でも対応できます。
学習内容が比較的似ている箇所が多くありますので、学習手順は日商簿記3級か2級の勉強をしてから、建設業経理士の2級や1級に挑戦するのが効率的であるように思います。日商簿記検定2級程度の実力があれば、1級から挑戦しても良いでしょう。

・1級(建設業経理士)
難易度は2級と1級とでは大きく変わります。2級までの難易度はそれほど高くなく、簿記の勉強したことのある人ならそれほど苦労すること無く合格できます。しかし、1級になると難易度はぐっと上がります。また、3科目別の合格判定になります。1級はかなり難しいと思っていいでしょう。。
1級の試験科目は、建設業原価計算、財務諸表論、財務分析の3科目です。 科目別の難易度は、財務諸表論>財務分析>建設業原価計算で、中でも財務諸表論は学習範囲が広いだけでなく、難易度が高く、合格率も低いため独学では困難でしょう。このレベルになると、ストレートで合格する人は非常に少ないと思われます。1級を目指す場合は、独学は避けて講座を 受講していくのが無難です。1級の難易度レベルは日商簿記1級と2級の間くらいと思っていいでしょう。
1級は3科目制度のため、平均的には6ヶ月あれば3科目一括合格は可能であると思っていいだろう。合格のカギを握るのは、受験生がみんな苦手とする記述式問題の攻略だろう。

就職は建設業界です。すでに建設会社で働いておられる方は、キャリアアップ目的と併せて、将来的なことを見越してぜひ取得しておきたい資格の一つです。

※建設業経理士2級以上の人は経営事項審査での評価対象になっています。例えば、建設業完工高1億未満の建設業者の場合、建設業経理士2級資格が1人いた場合、総合評点Pが15点位アップします。

【就職対策】
・定年後の再就職対策について。
年金の支給開始年齢は基本的には65歳からですが、今後、支給開始年齢が67〜70歳に引き上げられる可能性があります。そうなると定年が65歳になっても数年間の収入空白期間ができるため、退職者は厳しい生活を強いられることになります。そこで、その収入空白期間を埋めるために奨められているのが、定年までに積み上げた経験の上に、さらに「資格」を取得することで、一定水準の収入を得られる仕事に就くことです。
それではその場合、どんな資格が有利に働くのか。
特に、建設系の企業での経験がある人は、「建設業計理士」は有望です。
建設工事の受注入札には、会社は参加資格として定められた資格保有者を一定以上所属させていなければ、入札に参加することができません。その定められた資格の一つが「建設業計理士」です。
従って、建設業計理士を取得できれば、建設会社としてはノドから手が出るほど欲しい人材になるわけです。経理の経験があれば試験もそれほど難しい試験ではないので取得も比較的簡単です。
他には「施行管理技士」資格も「建設業計理士」と同じく入札制度の参加条件に含まれる資格なので有望です。
通信講座   建設業経理士 通信講座一覧
通学スクール   建設業経理士 通学スクール・講座一覧
Web講座   建設業経理士 Web講座
教材
売れ筋教材  「建設業経理事務士」資格本のAmazon売れ筋ランキング一覧
「建設業経理士」資格本のAmazon売れ筋ランキング一覧
問い合わせ先  財団法人 建設業振興基金 経理研究・試験部       http://www.kensetsu-kikin.or.jp/gyom2/
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-2-12  TEL:03-5473-4581
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.