危険物取扱者

資格名 危険物取扱者
 資格の種類 国家資格     ・認定 総務省(交付は都道府県知事)  ・試験の実施 財団法人消防試験研究センター
資格の概要  火災の危険性が高い物質をは「危険物」として指定され、一定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設には、危険物を取り扱うために必ず危険物取扱者を置かなければならないとされています。
「危険物取扱者」は、その取り扱いなどを行うことができるための資格であり、詳細は消防法及びその下位法令により規定されています。危険物取扱者の資格には、甲種、乙種第1〜6類、丙種3種類があり、取得した資格によって取り扱える危険物が異なります。
この中で、私たちにとって一番身近な危険物は第4類です。第4類は引火性液体で、その性質は常温においてすべて液体であり、発生する蒸気は空気より重く、激しく燃焼します。第4類には特殊引火物(ジエチルエーテルなど)や、第1石油類(ガソリンなど)、アルコール類、第2石油類(灯油など)などが指定されています。

甲種危険物取扱者は全類の危険物、乙種危険物取扱者は指定の類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができます。又甲種もしくは乙種危険物取扱者が立ち会えば危険物取扱者免状を有していない一般の者も、取り扱いと定期点検を行うことができます。
丙種危険物取扱者は、特定の危険物(ガソリン、灯油、軽油、重油など)に限り、取り扱いと定期点検ができます。取り扱うことのできる危険物は、免状に記載されている種類になります。

※化学工場やガソリンスタンドなどで、危険物の取り扱い作業に従事している危険物取扱者は、危険物の取り扱い作業の保安に関する新しい知識、技能の習得のため、3年以内毎に、都道府県知事が行う講習を受けなければなりません。
 免状の種類  取り扱いのできる危険物
甲種 全種類の危険物
乙種 第1類 塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類、臭素酸塩類、硝酸塩類、よう素酸塩類、過マンガン酸塩類、重クロム酸塩類などの酸化性固体
第2類 硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金属粉、マグネシウム、引火性固体などの可燃性固体
第3類 カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、アルキルリチウム、黄りんなどの自然発火性物質及び禁水性物質
第4類 ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類などの引火性液体
第5類 有機過酸化物、硝酸エステル類、ニトロ化合物、アゾ化合物、ヒドロキシルアミンなどの自己反応性物質
第6類 過塩素酸、過酸化水素、硝酸、ハロゲン間化合物などの酸化性液体
丙種 ガソリン、灯油、軽油、重油など
試験方式 
マーク・カードを使う筆記試験 ・甲種・乙種/五肢択一式   ・丙種/四肢択一式
試験時間 ・甲種/2時間30分  ・乙種/2時間  ・丙種/1時間15分
※合格点は、科目免除の有無にかかわらず受験するすべての科目それぞれの正解が60%以上必要。
受験資格  ●甲種は受験資格の制限があるが、乙種・丙種は誰でも受験できる。

 ・甲種の受験資格
対象者   大学等及び資格の詳細  願書資格欄記入略称  証明書類
大学等において化学に関する学科等を修めて卒業した者
化学に関する学科又は課程
大学、短期大学、高等専門学校、専修学校
大学、短期大学、高等専門学校、高等学校、中等教育学校の専攻科
防衛大学校、職業能力開発総合大学校、職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、外国に所在する大学等
大学等卒 卒業証明書
又は卒業証書
大学等において化学に関する授業科目を15単位以上修得した者

化学の授業科目
大学、短期大学、高等専門学校(高等専門学校にあっては専門科目に限る)、大学院、専修学校
(以上は通算可)

大学、短期大学、高等専門学校の専攻科
防衛大学校、防衛医科大学校、水産大学校、海上保安大学校、気象大学校、職業能力開発総合大学校、職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、外国に所在する大学等
15単位 単位修得証明書
又は成績証明書
(修得単位が明記
されているもの)
乙種危険物取扱者免状を有する者 乙種危険物取扱者免状の交付を受けた後、危険物製造所等における危険物取扱いの実務経験が2年以上の者

実務2年

乙種危険物取扱者
免状 及び
乙種危険物取扱
実務経験証明書
次の4種類以上の乙種危険物取扱者免状の交付を受けている者
・第1類又は第6類 ・第2類又は第4類
・第3類  ・第5類
4種類 乙種危険物取扱者免状
その他の者 修士、博士の学位を授与された者で、化学に関する事項を専攻したもの(外国の同学位も含む。) 学位 学位記等
(専攻等の名称が
明記されているもの)
※最上位の甲種は、2008年に受験資格が緩和され、実務経験がなくても乙種免状を4種類取得すれば受験できるようになりました。それ以外は、大学で化学を学んだ人に限られます。
 試験科目 ●甲種
・危険物に関する法令:15問
・物理学及び化学:10問
・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:20問
●乙種
・危険物に関する法令:15問
・基礎的な物理及び基礎的な化学:10問
・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:10問
上記の3科目を2時間で受験し、試験科目ごとの成績がそれぞれ60%以上で合格となります。
●丙種
・危険物に関する法令:10問
・燃焼及び消火に関する基礎知識:5問
・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:10問
スケジュール  通常、春、秋の2回行われますが、各道府県によって異なります。
・試験日:都道府県及び試験区分により異なる。
※東京都の場合:年間を通じて実施しています。乙種第4類は月3回程度行われています。丙種と第4類以外の乙種、及び甲種は2ヵ月に1回程度実施されています。


※各都道府県の試験日程
平成29年度 危険物取扱者試験 前期日程(平成29年4月-平成30年3月)
試験会場  ●受験地の制限はなく、全国どこで受験しても問題ない。但し、免状申請先は受験地の都道府県知事になる。
 ※試験地一覧・選択はこちら
受験料 
 甲種  5,000円
 乙種  3,400円
 丙種  2,700円
※試験手数料は非課税
資格 難易度  ・難易度   甲種 「B」普通  乙種 「C」やや易
・合格率   平成28年度(平成28年4月〜平成28年11月)試験結果 ⇒詳細
  甲種 乙種           丙種 合計  
4類  乙種計 
 受験者 15,784 186,594 235,425 23,896 275,105
合格者 5,309 53,037 85,010 11,907 102,226
合格率  33.6 28.4 36.1 49.8 37.2

※参考データ
・平成27年度(平成27年4月〜平成28年1月)試験結果
  甲種 乙種           丙種 合計  
4類  乙種計 
 受験者 17895 220305 279219 30286 327400
合格者 5678 64115 103259 15060 123997
合格率  31.7 29.1 37.0 49.7 37.9
・平成26年度試験結果
  甲種 乙種           丙種 合計  
1類  2類  3類  4類  5類  6類  乙種計 
 受験者 12,040 8,138 7,649 8,333 140,534 8,499 9,671 182,824 17,788 212,652
合格者 3,806 5,441 5,169 5,687 41,069 5,825 6,196 69,387 8,945 82,138
合格率 31.6 66.9 67.6 68.2 29.2 68.5 64.1 38.0 50.3 38.6
  受験対策
  &
資格の将来性
危険物取扱者資格の難易度はそれほど高くなく、合格率は平均して40%前後。どのクラスも独学での取得も十分に可能で、勉強方法によっては短期間での合格も可能です。知識がそれほどなくても、乙種なら2ヶ月くらいで十分取得できるでしょう。 国家資格の中でも比較的簡単だと言われている危険物取扱者ですが、甲種の場合は、しっかり勉強しなくては合格できないと思われますので油断は禁物です。科目的には、甲種では物理化学の6問が意外と難関が多い場合があります。また、乙類では第6類が難しいようです。また、甲種も乙種も危険物に関する法令だけはきちっと勉強し、覚える必要です。受験者は社会人や化学系の大学生が特に多く、合格には、すべての科目で60パーセント以上正解しなくてはいけませんが、よく出題される問題は傾向があるようです。
※危険物取扱者の試験対策で重要なことは、問題集を繰り返し解いて覚えることですが、ポイントはその「問題集」にあります。市販のものを主にせずに、必ず消防署で販売している問題集の、危険物取扱者試験「例題集」を主に繰り返し使うことです。市販のものは知識を深める面では役立ちますが、ほとんど同じような問題は出題されません。受験する方は消防署で販売するテキスト・問題集は必ず購入することです。

資格の取得に関しては、乙種の第1類から第6類まで全ての試験に合格すれば、甲種取扱者と同様にすべての危険物を取り扱えるため、甲種の受験資格のない人がこの方法で全類取得するケースもあります(完全に同等ではない)一般的に需要が多いのはガソリン・灯油などの引火物を扱う4類資格です。丙種ではセルフガソリンスタンドなどで監督者になることは出来ません。製造所・販売所など(例えばガソリンスタンド)で危険物を取扱う場合には、必ず危険物取扱者自身が行うか、危険物取扱者が作業に立ち会うかの条件が必要です。そのため、危険物を扱うような事業を行っている会社にとって、危険物取扱者は無くてはならない存在なのです。化学系出身者にとっては、昇給・資格手当てを受けられることも多く、有用な資格と言えるでしょう。

もっともポピュラーなものは乙4種を取ればガソリンスタンドで働くことができます。一般に「乙4」とも呼ばれている国家資格の1つで、比較的取得がしやすく、年間約30万人が受験しています。ガソリンなどの引火性液体を扱うために必要であることから、ガソリンスタンドや化学工場では、法律で乙4合格者の配置が義務付けられているおり、幅広い需要がある資格です。これ以外の乙種の資格は役に立つ場所が限定されますが、工場系では資格を持っていることが採用の決め手になることもあります。活躍できる主な勤務先には化学工場やガソリンスタンドなどがあります。
これらの施設で、危険物取扱者は危険物の貯蔵・取り扱いの作業、火災などの災害が発生した場合の応急措置、保安監督者になった場合の作業者への指示と監督業務などを行います。
また、タンクローリーの運転手の場合、通常は1人で運転と危険物の取り扱いを行いますので、大型自動車運転免許・牽引免許のほかに第4類の資格免許が必要になります。

(参考)
※危険物取扱者の試験を受ける順序
まず、乙種を一つとります。そうすると他の乙種を取るときに科目免除があり、比較的楽に取れるのです。乙種の試験は、3つの分野から出題されます。3つの分野とは、(1)「危険物に関する法令」15問、(2)「基礎的な物理・化学」10問、(3)「危険物の性質と消火方法」10問、です。そして、6割の正解率が合格ラインです。
乙種を一つでも持っていると、(1)と(2)が科目免除となり、(3)「危険物の性質と消火方法」の10問のみ答えればいいので、問題数も少なく集中して勉強できます。それに一度に2類の受験ができます。
お薦めの勉強法としては、問題を解きながら解説してある参考書を何回も読む方法です。一冊だけでなく、二冊読み込んでおけば、まず問題ありません。
※有資格者の特典
甲種危険物取扱者の資格を持つ物は、技術士一次試験の一部科目が免除されます。また、危険物保安監督者に選任されている甲種危険物取扱者は防火管理者の資格を自動的に取得できます。
その他、甲種危険物取扱者の資格を持つ者は陸上自衛隊の技術陸曹の任用資格があります。


2015年度 技術系資格試験「受験者数ランキング」
   資格名 受験者数(人)  備考
 1位 危険物取扱者 401,000 電気工事関連の資格と、土木施工管理技士資格の受験者数伸び率が大きい。
共に、」対前年比+10%前後。
 2位 電気工事士 156,500
 3位 消防設備士 84,800
 4位 土木施工管理技士 69,100
 5位 電気主任技術者 63,300
通信講座   危険物取扱者通信講座
通学スクール   危険物取扱者乙4類合格対策講座(公開経営指導協会)
教材     
 売れ筋教材
問い合わせ先  ・東京の場合 
(財)消防試験研究センター中央試験センター   http://www.shoubo-shiken.or.jp/
〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-13-20 TEL03-3460-7798
・各道府県の場合 
上記URLから、(財)消防試験研究センター各道府県支部を参照する。

・財団法人 消防試験研究センター 各支部連絡先 
          http://www.shoubo-shiken.or.jp/org/list.html
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.