プロフェッショナル エンジニア (PE)

資格名 プロフェッショナル エンジニア (PE)     試験名:プロフェッショナル エンジニアリング (PE) 試験
 資格の種類 民間資格         試験実施:日本PE・FE試験協議会(JPEC)
資格の概要  プロフェッショナル エンジニアリング (PE) 資格は、公共の安全・健康・福祉に奉仕するエンジニアの能力を客観的に評価することを目指し、1907年に米国で生まれた伝統のあるライセンスです。米国の各州が州ごとに設けているエンジニアの公的資格で、一定レベルのエンジニアとしての専門的スキルと英語力を客観的に証明する国際資格で100年以上の歴史があります。

そのため、PEには技術倫理が厳しく要求され、PE資格維持のために、継続専門教育(CPD)をベースにした2年毎の資格更新制度が州ごとに決められています。この資格は特に米国や欧州では社会的評価が高く、有資格者は国際的に通用する技術者として、活動の場が広がるでしょう。米国ではほとんどの州で技術を必要とする重要な業務に担当者のPEライセンスを求めるため、米国でエンジニアとして働く場合には、必要になる資格です。米国では約65万人が「PE」として活躍中です。

日本ではPE試験の1次試験である「FE試験(Fundamentals of Engineering Exam)」が1994年より国内で受験できるようになり、2007年10月からPE試験も開始されました。
※日本PE・FE試験協議会(JPEC)は、全米試験協議会(NCEES)との協定に基づき、 日本在住者向けに米国PE/FE試験を実施している日本で唯一の団体です。この活動を通じて、JPECは日本の技術者の国際化を支援しています
※PE:Professional Engineering Exam   FE:Fundamentals of Engineering Exam
※PE資格を維持するために、継続専門教育(CPD)をベースにした2年ごとの資格更新制度が州ごとに決められています。

◆ PE試験関連情報
<重要なお知らせ>
2018年より、PE試験のChemical EngineeringがペーパーテストからCBT(Computer Base Test)に移行します。 これに伴い、一時的な措置として2017年秋のPE Chemicalの試験は実施されません。
2017年秋季 PE 試験受験要領
試験方式  【FE試験】(PE一次試験)
FE試験は2014年よりCBT(コンピューター試験)となりました。
・試験時間:6時間(正味5時間20分)合格者にはNCEESより証明書が発行されます。
・試験方式:コンピューターによる試験(CBT) 4者択一式の筆記試験
・出題数: 午前120問 午後60問
※コンピューター画面から呼び出すFE Reference Handbook(公式集)を参照しながら問題を解き、画面に示されている複数の解答の中から正しい解答を選択する方式。

【PE試験】(二次試験)
・試験時間:午前・午後の4時間ずつに分けて合計8時間の試験が行われ、合格者にはNCEESより証明書が発行されます。
・試験方式:4者択一式の筆記試験
・出題数:午前40問 午後40問

※2018年より、PE試験のChemical EngineeringがペーパーテストからCBTに移行します。
※FE試験(一次試験)に合格し、実務経験、そしてPE試験(二次試験)に合格、登録という順序で取得ができます。
※PE試験は参考書、及びバインダーで閉じられた参考資料の持ち込みは可能です。
受験資格  ・FE試験(PE1次試験)
FE試験は、原則として日本または米国の4年制工学系大学を卒業し、Bachelor of Engineering、又はBachelor of Science in Engineeringの学位を取得できていること、大学4年生の場合は受験申請時にシニアステイタス(卒業見込である)に達していることが必要です。
・PE試験
FE試験の合格
工学分野での実務経験が4年以上必要となります。
※いずれの場合も、日本に在住している(日本の年金番号、又はSSN/米国の社会保障番号を持っている)ことが条件となります。
 試験科目 【FE試験】(PE1次試験):基礎学力の知識を問う試験
・午前の部 工学、数学、自然学
・午後の部 化学、土木、電気、環境、機械、産業、一般工学から1科目選択(多肢選択式)

【PE試験】:専門分野工学の実践を問う試験
※英語による出題
スケジュール  【FE試験】(PE一次試験)
・試験日:CBT試験のため年間を通じ随意に選択可能(2016年よりすべての月で受験可能になりました)
・申込受付:事務手続きの都合上、JPECへの出願は毎年2月末、5月末、8月末、11月末の年4回の締め切り日がありま
すので、受験予定日の1ー2ヶ月前までに申し込みが必要です。
・合格発表:受験日より7-10日後
※申込手順:受験する人はまずJPECに願書を提出し、JPECよりの受験許可取得後にNCEESホームページよりMy NCEESに登録し、受験日を自分で設定してください。

【PE試験】
・試験実施:年2回 4月(4月中旬頃) 10月(10月下旬頃)
・申込期間:11月上旬〜1月上旬  6月上旬〜7月下旬
・合格発表:7月上旬  1月上旬


2017年度プロフェッショナル エンジニアリング (PE) 試験日程
(2017年度第2回試験)   
・試験日:2017年10月29日
・受験申請受付:2017年6月上旬〜2017年7月31日
・合格発表:2017年12月 
 試験会場 ・【FE試験】(PE一次試験):東京、大阪(Pearson VUEテストセンター)
・【PE試験】:東京
 受験料 ・FE試験
     出願料:22,000円(一 般)  17,000円(大学4年生、大学院生)
     受験料:250ドル
・PE試験:
     出願料:35,000円
     受験料:350ドル
資格 難易度  ・難易度  「A」難関の中〜下
・合格率   2016年FE試験・PE試験結果
      FE試験:合格率 73.7% (受験者数179名 合格者数132名)  
      PE試験:合格率 63.6%(受験者数 44名 合格者数 28名)

合格率は大体50%から70%の間で推移しています。

※参考データ
・2014年度〜2016年度にFE試験(CBT)を受験した受験者数:263名

------------------------------------------------  
   【資格の難易度レベル・難易度ランキング】
・内容的には工学系の問題が解けるかどうかが評価につながる試験なので、工学系の大学出身者であれば、きちっと問題集などで勉強をしていけば難関試験ですが、問題ないと思われます(ただ、英語力があることを前提で)
難易度レベルは「難関」Aの中〜下くらいで、技術士の一次試験より易しいレベルと考えます。
   受験対策
 &
資格の将来性
プロフェッショナル エンジニアリング (PE) 試験は、一定レベルのエンジニアとしての専門的スキルと英語力を客観的に証明する国際資格です。特に米国や欧州では社会的評価が高く、有資格者は国際的に通用する技術者として、活動の場が広がるでしょう。このプログラムは世界でも高く評価され、「PE」を取得することは国際的にエンジニアとして認められることでもあります。

受験するにはFE試験に合格し、4年以上の実務経験を積まなければなりません。試験は米国で実施されているものと全く同じで全て英語で行われるので、最低でもTOEIC450〜550点、できれば600〜700点の語学力があることが望ましいと思います。PEの試験問題は工学基礎知識を問うものや実務的なものが出題されます。試験時間の圧迫は少ないのですが深い知識を求められます。
PE試験は4年間の実務経験が必要ですので、卒業後すぐに受験は出来ませんが、早ければ早いほど有利になります。

一方、FE試験の方は、合計110問を5時間20分で解答する必要があるので、一問につき3分弱しかなく時間との戦いです。一般にFE試験のほうが難しいといわれているのは出題が多様化しているためだと思います。工学理論をすばやく思い出す準備をしておく必要もあります。

世界には、このライセンスを持っていないと仕事ができない国や州があるため、有資格者のニーズは高いようです。
全米での合格者総数は約40万人といわれています。受験には4年以上の実務経験も必要。試験はすべて英語で行われる。TOEIC(R)LISTENING & READING TEST600〜700点の語学力もつけておきたいところです。
通信講座   -
通学スクール -
教材 
問い合わせ先  特定非営利活動法人 日本PE・FE試験協議会 (JPEC)

特定非営利活動法人 日本PE・FE試験協議会
〒107−0052 東京都港区赤坂2−10−17 石原ビル2F
TEL:03−3583−8781(平日11:00〜17:00)
URL:http://www.jpec2002.org/

米国での試験情報
全米試験協議会(NCEES)
URL:http://www.ncees.org/
 

 HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.