リフレクソロジスト


資格名 リフレクソロジスト          ※試験名 JREC認定リフレクソロジスト試験
 資格の種類 民間資格         主催・認定   JREC 日本リフレクソロジスト認定機構
資格の概要  リフレクソロジー(Reflexology)とは、reflex(反射)とology(学・論)の2つを合わせた造語で反射療法とも呼ばれる健康法です。主に足の裏の特定部位を押せば体の特定部位に変化が起こる現象を利用し、疲労の改善などをはかる療法を言い、 リフレクソロジーが普及する初期には「足裏マッサージ」とも呼ばれていました。リフレクソロジーを施す人のことを「リフレクソロジスト(Reflexologist)」と呼びます。

「リフレクソロジスト」は、健康を維持するための知識をもちながら、顧客に心地よいリラクゼーションを実現し、心身の健康維持のお手伝いができます。そして、その技術や知識の段階に応じて、ライセンス認定が行われます。
リフレクソロジスト関連のライセンス認定にはいくつかありますが、一番信頼度が高いのが、日本リフレクソロジスト認定機構が主催する「JREC認定リフレクソロジスト」資格です。
JREC認定のリフレクソロジストのレベルには、レギュラー、マスター、インストラクター、トップインストラクターの4種類があり、段階的にステップアップしていけるようになっています。


 <ライセンスの認定レベル>
・レギュラーライセンス
リフレクソロジーの基礎を修得し、クライアントに対して施術およびサービスを滞りなく行う技能があることを認定されたレベル。
・マスターライセンス
リフレクソロジーの施術技術を修得し、クライアントに対しての継続的な健康管理のアシストができ、そのために必要な身体の仕組みや栄養素の働き、その他の生活アドバイスの技能があることを認定されたレベル

※協会直営校の指定の講座には通学、通信、宿泊コースがあります。通学は、3週間・3ヵ月・5ヵ月コース、2週間熱海合宿コースや1年制の特別コースもあります。通信の受講期間は最短6ヵ月。 講座の期間・時間数は、おおよそ3〜12ヶ月(学習時間:90〜120時間程度)です。
試験方式  ・レギュラーライセンス
ライセンス登録審査の試験時間は、筆記試験2時間(穴埋め、選択式で50問程度)。実技試験はありません。
※リフレクソロジーを行うにあたり必要となる基礎知識の修得度を判断・評価されます。
・マスターライセンス
筆記試験 2時間、実技試験 実質約1時間(口頭試問含む)/1人
※リフレクソロジー、身体の仕組み、栄養素の働きから、リフレクソロジストとして必要最低限の知識が身についているか、適切な施術技術が備わっているかが判定されます。
受験資格  ● 受験資格は、JREC認定の全国の指定校又は加盟校で、レギュラーライセンス登録審査対応カリキュラムを修了し、スクールよりJRECレギュラーライセンス登録審査の受験について許可された方が対象になります。

・レギュラーライセンス
REC加盟校でレギュラーライセンス対応講座を修了した方。または、修了前でもスクールの規定に則り受験資格を与えられた方。
・マスターライセンス
JRECのレギュラー会員であり、JREC加盟校でマスターライセンス対応講座を修了された方。または、スクールの規定に則り受験資格を与えられた方。
※医師/鍼灸指圧マッサージ師/柔道整復師/助産師については、申請により筆記試験は免除されます。
 試験科目 ●筆記試験
・禁忌 ・衛生 ・法令 ・トリートメントの基礎知識 ・解剖生理 ・栄養学 など
スケジュール  ・レギュラーライセンス  年3回(3月・7月・11月)
・マスターライセンス    年2回(4〜5月・10月)

平成29年度 リフレクソロジストライセンス認定試験日程
受験対策セミナー
 試験会場 ・レギュラーライセンス  東京
・マスターライセンス   東京・大阪
 受験料 ●レギュラーライセンス
・登録審査受験料 10,500円
・登録料 15,750円
・年会費 12,600円
●マスターライセンス
・登録審査受験料  筆記試験 10,500円 実技試験 21,000円
・登録料 31,500円
・年会費 12,600円

※講座の費用は入学金、受講料を含めて40万円〜45万円程度。
資格 難易度  ・難易度  「D」易しい
・合格率  非公開(90%以上の想定)

※試験の合格率は、ほぼ100パーセントです。
  受験対策
 &
資格の将来性
「リフレクソロジー(Reflexology)」は、人の健康管理や、体の癒し、セラピーなどに興味がある人に向いています。
顧客の要求や体調などを聞いて、それに応じて施術をすることになるので、人とのコミュニケーション力や観察力が必要とされます。また足裏への施術を覚えるだけでなく、食生活など健康全般について関心を持ち、勉強を続けられる人でなければなりません。

リフレクソロジストの養成スクールでは、現場実習の授業が多く、実践的な技術を身につけることができますので、JREC認定校でまじめに受講し、修得すれば、資格はほぼ取得できます。
リフレクソロジーの基本となる足つぼの知識をはじめとして、生理学、トリートメントの方法、接客技術などの知識をスクールで学び、そこで発行する資格を取得しておくといいでしょう。
技術面は専門学校などで学べばひと通りの技術習得はできるが、常に新しい情報や療法を学び続ける気持ちと姿勢がないとなかなか続けられない仕事でもあります。
日本国内でもリフレクソロジーの社会的認知度も高まってきており、独立開業を目指す人には、医療・健康関連にプラスαの価値として非常に将来有望な資格といえます。

仕事は、リフレクソロジー専門のサロンやエステティックサロンなどになります。マッサージとは異なる技術なので、独立後のことを考慮して、整体やボディセラピーなど別の資格を併せて取得する人もいます。
また、スキルを磨いた後、自宅の一室などを活用し、独立開業する人も多いです。また、専門学校で技術習得後、爪の美容の盛んなアメリカに就業に行く人も少なくありません。
スクール系列のサロンなどがある場合は、卒業後に店舗の研修生として働き、それから社員になるという道などもあります。ネイルに関する技術だけでなく、メイクやスタイルに合わせたトータルコーディネートができるようなファッションセンスを磨くと良いでしょう。
通信講座   リフレクソロジー 通信講座一覧   ・機構認定のリフレクソロジスト 養成講座 レギュラーコース(通信+通学)
通学スクール リフレクソロジー 講座・スクール一覧   
教材 
問い合わせ先  日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)   https://www.jrec-jp.com/
〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-25-9  今井ビル5F
TEL:03-5950-3211/FAX:03-5950-3001
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.