統計検定

資格名 統計調査士  専門統計調査士      (試験名)統計検定 
 資格の種類 民間資格     試験実施主催  財団法人 統計質保証推進協会   認定 社団法人 日本統計学会
資格の概要  「統計検定」は、統計に関する知識や活用力を評価する全国統一試験です。日本統計学会が公認し、総務省後援、統計質保証推進協会 統計検定センターが実施しています。
高等教育および初等中等教育において統計教育の必要性、重要性が言われる中で、統計教育の成果を評価する仕組みとして、中高生・大学生・社会人を対象に2011年より始まったまだ新しい試験です。

「統計検定」の試験種類はレベル別に1級から4級まで5種類と、「統計調査士」、「専門統計調査士」があります。
試験のレベルは、1級が大学院水準、2級が大学水準、2級・3級・4級が初等・中等教育水準とされています。
データに基づいて客観的に判断し、科学的に問題を解決する能力は、仕事や研究をするための21世紀型スキルとして国際社会で広く認められています。
統計調査士に関しては、統計の役割、統計法、公的統計調査の仕組み等に関する基礎知識と統計調査の実務知識や、公的統計の見方、その利用についてのスキルが必要になります。また、RSS試験は、英国の王立統計学会(RSS)との共同認定による国際資格試験となっています。

日本統計学会では、中高生・大学生・職業人を対象に、各レベルに応じて体系的に国際通用性のある統計活用能力評価システムを開発し、統計検定として資格認定しています。
また、日本統計学会では統計検定の他に、国際的に評価が確立している英国Royal Statistical Societyの試験を、統計検定RSS/JSS試験として共同実施しています。ビッグデータなど統計学問に関する社会的な関心が高まる中、統計に関する全国統一試験として注目される資格です。

※日本統計学会で実施している「統計検定」の種類は、以下の通りです。
・統計検定1級、準1級、2級、3級、4級
・統計調査士
・専門統計調査士
・統計検定RSS/JSS(この試験は2017年5月に行う試験を最後に現行の形態の試験を終了します)
※統計調査士試験の合格者には「統計調査士」の認定証が授与されます。


◆統計検定関連情報
・2級と3級試験に関しては、2016年8月29日(月)より「CBT受験方式」に変更されました。
        ⇒CBT試験の詳細
試験方式  解答方式は、4級、3級、2級が択一式であるのに対して、1級検定は記述式となっています。

【1級】 試験時間は統計数理と統計応用ともに各々90分
「統計数理」と「統計応用」の2つの試験から構成されます。解答は論述式です。
・統計数理:5問出題され3問選択し回答します。
・統計応用:下記の4つの分野から1分野を申し込み時に選択します。
   (分野)人文科学/社会科学/理工学/医薬生物学
        各分野5問出題、受験時に3問選択します。
【準1級】 試験時間は90分
・多肢選択問題(マークシート) 20〜30問程度
・部分記述問題:5問〜10問程度
・論述問題:3題出題。受験時に1題を選択して解答します。
【2級】 試験時間は120分。
・5肢選択問題(マークシート) 30〜40問程度
【3級】 試験時間は60分
・4〜5肢選択問題(マークシート) 20問程度
【4級】 試験時間は60分
・4〜5肢選択問題(マークシート) 15問程度

2級と3級は2016年8月中旬以降に「CBT受験方式」に変わる予定です。
受験資格  各試験には目標とする水準は定められていますが、年齢 所属 経験等に関して受験上の制限はありません。
 試験科目 【出題範囲】
・1級:統計検定1級出題範囲表 ・2級:統計検定2級出題範囲表  ・3級:統計検定3級出題範囲表
・4級:統計検定4級出題範囲表

(参考:級別の検定内容)
・3級は、4級検定の内容以外に、基礎的なデータの分析に関する知識やその活用能力が問われ、高等学校卒業までに修得する統計の知識を身近な問題解決に活かせるかどうか。
・2級では、大学での統計基礎の習得できているかどうか、また統計データ、統計学の知識に基づいた統計解析手法の活用や、問題解決の能力がついているかどうかが問われます。
・1級では、2級までの基礎知識をもとに、いろいろな統計手法を数理的側面から正しく理解し、現実の課題に的確に活用でき、解釈、解析する能力の有無が問われます。
スケジュール  ・試験の実施:年2回 (1級、2級、3級、4級、、統計調査士、専門統計調査士:11月末)
              (準1級、2級、3級、4級:6月中旬)
 

※2017年度統計検定試験日程
2017年実施試験日程
CBT(Computer Based Testing)方式試験
 試験会場 ・11月試験:札幌,仙台,東京23区内,立川,松本,名古屋,大阪,福岡
・6月試験:仙台,東京23区内,大阪,福岡
 受験料 1級(統計数理および統計応用)10,000円 1級(統計数理のみ)6,000円 1級(統計応用のみ)6,000円
準1級 8,000円 2級 5,000円 3級 4,000円 4級 3,000円 統計調査士 5,000円 専門統計調査士 10,000円
資格 難易度  ・難易度  3級 「C」やや易  2級・準1級 「B」普通 1級 「A」難関
・合格率  統計検定 2016年6月試験結果 ⇒詳細
 検定種  受験者数(名) 合格者数 (名) 合格率 (%) 合格率推移 
 準1級  485 107  22.1   毎回平均20〜25%
 2級 1,690  759  44.9  45%前後 
 3級 1,853  1,208  65.2  60〜65%前後 
 4級 226  158  69.9  70〜80% 
 1級(統計数理)  244  26  10.7
 1級(統計応用)  249  56  22.5
 統計調査士  404  148  36.6
 専門統計調査士  209  67  32.1

※参考データ
・2013年度実績(RSS/JSS試験を除く)
年間受験者数4,895名 年間合格者数3,781名 平均合格率77.2%

・2011年第1回からの合格者数累計(RSS/JSS試験を除く)
 資格登録者累計 7,116名
 受験対策
 &
資格の将来性
この検定試験の受験者層のデータを見ると、準1級の場合は、一番多い受験者年齢層は21〜23歳ですが、2級は18〜20歳で大学に入学してからこの試験を受験する人が多いようです。準1級は、2級を受験した人が、その後統計の勉強をしてから受験しているようです。性別は圧倒的に男性が多いようです。
試験はどの級も、当然「数学」の知識が必要になります。例えば、2級や準1級の場合、特に高校の数学を最初からきっちりやっている人であれば問題ないと思います。それは、統計学を勉強するためには微分積分と線形代数が必ず必要になるからです。

試験対策は、数学が苦手な人は「統計学入門」とか「統計学の基礎」などの本を読み、分散を使っての推定や検定、検定の種類などを感覚的につかむというところから入るほうがいいでしょう。そして少し統計が理解できるようになったら、できるだけ多くの問題を解きましょう。公式問題集の「統計学演習」の問題が解けるようになれば、2級にチャレンジできます。統計検定2級に合格できれば、統計の基礎は身についたと考えていいと思います。

統計検定の試験種類には1級から4級まで5種類と、「統計調査士」、「専門統計調査士」があります。
統計調査士はまだ始まったばかりの試験でもあり、試験に対応した適切な教科書や問題集がありません。どんな問題が出るのかまだ分からないような状況なので、試験対策としては「過去問」を解くことくらいしか、今のところないようです。
通信講座   (統計検定対策)一般財団法人 統計研究会 主催セミナー
現代統計実務講座(文部科学省認定 社会通信教育)
通学スクール -
教材 
問い合わせ先  一般財団法人 統計質保証推進協会     http://www.qajss.org/
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-6
mail: toukeik@qajss.org
  

 HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.