ジュエリーコーディネーター

資格名 ジュエリーコーディネーター
 資格の種類 民間資格      主催 (社)日本ジュエリー協会
資格の概要  「ジュエリーコーディネーター」は、宝飾品販売のスペッシャリストとして、プロのアドバイザーとして活躍する職業で、(社)日本ジュエリー協会(JJA)が認定する資格です。クラスは1級から3級まであります。
高額な宝飾品を取り扱う上で必要な専門知識、商品知識をもとに適切なアドバイスやコーディネートを行える人に与えられる資格で、高額な買い物をする消費者に安心感、信頼感、満足感を提供するために必要不可欠と言えます。
現在、全国で約7,000名のジュエリーコーディネーターが消費者との架け橋として活躍しています。

ジュエリーコーディネーター検定資格の受験級は1級から3級まで。試験は、基本的にテキストから出題されるため、テキスト中心の勉強を行わなければなりません。3級習得を目指す場合なら、一般的には4〜8カ月ほど勉強しなければなりません。さらに、1級を取得しようと思えば、3級をとってから約3年はかかると考えていいでしょう。
※資格の有効期間は3年間。継続するには所定の講習を受講することが必要になります。

(資格の基準)
・3級
ジュエリーの歴史、市場、素材、製造、商品、販売及びコーディネートに関する基礎知識をもち、消費者その他に対し説明、接客及び販売ができる。
・2級
ジュエリーの歴史、市場、宝石学の基礎、素材、製造、商品及び販売に関する高度な専門知識とファッション及びコーディネートの基礎知識をもち、消費者その他に対し提案、コンサルタント販売、在庫の効率化、人材育成、指導及び店舗運営の補佐ができる。
・1級
ジュエリーに関する高度な専門知識と高度な接客及び販売の実務技術をもち豊富な経験と見識で人材の育成、指導及び店舗運営ができる。
試験方式  ・1級
  1次試験:記述形式・論文形式/試験時間 記述2時間 論文2時間  
  2次試験:ロールプレーイング・実技・面接
・2級
  マークシート方式での選択問題/試験時間 3科目/3時間
・3級
  マークシート方式での選択問題/試験時間 2時間

※合格基準 1科目で100点を満点とし、約70点以上で合格。1級の記述式・論文試験は300点満点とし約210点以上で合格
※試験は、いづれもマークシート方式と数値記入方式の筆記試験のみで実技試験はありません。
受験資格  年齢や実務経験などの制限はありませんが、2級受験は3級登録資格者、1級受験は2級登録資格者のみ。
 試験科目 試験内容は基本的にJJAのテキストから出題される。
・総合:ジュエリー概論、ジュエリー産業論
・素材:宝石の基礎知識、ダイヤモンド、カラー・ストーン、真珠、貴金属
・製造:デザインの基礎、製造・加工・修理の基礎知識
・商品:商品概論、商品知識
・販売:販売の基礎知識、コーディネート など
●3級は、消費者がジュエリー商品の 選択をする際に、購入や着用のTPOなどの相談に応じ、ニーズを的確に把握、アドバイスして販売を行う能力が求められ、ジュエリーの歴史や市場、素材や製造、販売やコーディネートの基礎知識が出題されます。
●2級は、ジュエリービジネスの専門性と、さらに総合的な高い知識をもって、消費者にさまざまな助言・提案を行う能力が求められます。宝石学の基礎、商品や販売に関する高度な知識、ファッションやコーディネートの基礎知識、店舗運営補佐レベルの業務知識などが出題されます。
●1級は、テキストにこだわらず、実践に必要なあらゆる範囲が出題範囲となります。2級よりも更に高度な専門知識の他、人材育成、指導など店舗運営者レベルの知識が求められます。
スケジュール  ・試験日:3級(年2回)8月と3月  2級・1級(年1回) 1次試験 8月 2次試験10月
  
 
2017年・2018年JAAジュエリーコーディネーター検定試験(1級・2級・3級)日程
・試験日:2017年8月2日(日) 
・受験申請受付:2017年5月1日(月)〜6月19日(月)
・結果発表:2017年9月8日(金)予定 
試験会場   1級:東京、大阪  2級:東京、大阪、名古屋、福岡  3級:東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台
受験料  ・1級 1次:10,000円  2次:5,000円
・2級 3科目一括13,000円  それ以外は1科目5,000円
・3級 9,000円(非課税)

※資格登録料19,000円(登録事務費4,000円+登録管理費5,000円×3年、非課税) 有効期間は3年間
資格 難易度  ・難易度  3級 「D」 易しい     
・合格率  2017年3月第34回JAAジュエリーコーディネータ試験結果
          3級 合格者825名  

※参考データ
・2016年JAAジュエリーコーディネータ試験結果
  1級:合格率17.7% 合格者数17名 2級:合格率27.6% 合格者数239名 3級:合格率47.8% 合格者数734名
・2014年JAAジュエリーコーディネータ試験結果
         1級    合格者0名(該当者なし)
         2級 受験者数225名   合格者47名  合格率 20.9%
         3級 受験者数1,111名  合格者780名  合格率70.2%
・2013年JAAジュエリーコーディネータ試験結果
  3級  受験者数955名 合格者数476名 合格率49.8%
受験対策
 &
資格の将来性
この試験はJJAのテキストに沿って出題されるため、必ずそのテキストに沿って勉強すること。3級では、マークシート方式で大問題が50問ほど出題されますが、問題は基本的にJJAのテキストから出題されています。検定テキスト
試験では、ジュエリー専門の販売員として、「接客」「豊富な知識」の2つが問われます。従って、接客現場での常識的な対応を問われる問題と、丸暗記して覚えなければならない問題に分けた勉強方法がいいでしょう。 販売の基礎知識や製造知識などは重要科目ですが、平均的には常識的な問題が多いようです。

基本的にはテキストからの出題ですが、3級では消費者目線に立ってアドバイスや販売を行う能力が求められ、2級ではプラス助言やアドバイスができるレベル、1級ではテキストにこだわらない実践能力が試されます。
テキストを繰り返し、しっかり勉強すれば3級・2級は問題ありません。

ジュエリーコーディネーターの資格取得者は、宝飾品販売業界で評価は非常に高く。就職・転職の際に十分武器になる資格でもあり、豊富な経験と見識があれば、人材の育成・指導を目指して1級を取得したい。
仕事は、お客様の好みを理解し、バランスよく美しくジュエリーを組み合わせ、お客様自身でも気がつかなかった魅力を引き出してあげるのが仕事になりますので、宝石に関する一般常識だけでなく、総合的な高い知識を持ってアドバイスができることが必要です。この仕事は、女性にとっては、年齢がハンデとならない職業の一つで、年を重ねるほどに有利になり、長く続けられる仕事です。

※「ジュエリーコーディネーター」の資格は、店頭での販売や接客時に使える他に、ジュエリーデザイナーなどのジュエリー提案側の仕事についている場合でも、取引先への説明や販路拡大のためのPR活動などに使える資格です。また大手宝飾品店への就職・転職活動にも役立ち、宝飾品の製造、卸売りなどの職種にも活用することができるため、利用・活用しやすい資格だと言えます。
通信講座   ジュエリー(アクセサリー)デザイナー 通信講座一覧
通学スクール  ジュエリー(アクセサリー)デザイナー 資格スクール・講座一覧
 教材  ジュエリーコーディネーター検定試験対策教材
問い合わせ先  (社)日本ジュエリー協会(JAA)    http://www.jja.ne.jp/
〒110-8626 東京都台東区東上野2−23−25
  TEL:03-3835-8567 FAX:03-3839-6599
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.