観光英語検定試験


資格名 -          英語名:Tourism English Proficiency Test
 資格の種類 民間資格         資格認定  全国語学ビジネス観光教育協会
資格の概要  旅行、観光、ホテル、レストランなどサービス業の職場で働く人や海外旅行を楽しみたい方や、スペシャリストとして観光英語能力をチェックしたい方などの英語力の向上を図って実施されているのがこの「観光英語検定」です。
これから「海外で働きたい」と考えている人や、「添乗員になって世界を飛び回りたい」と考えている人などにとっては是非とも知っておきたい試験と言えます。
この試験は、平成元年に第1回の試験が行われ歴史は25年以上、これまでに1級・2級・3級の受験者数は、延べ20万人以上に達しています。 最近は、毎年外国からの旅行者も増え、LCCなど格安航空券も出始めたことなどで徐々に知名度と人気を高めています。
また、観光英語検定は旅行業に関係する専門的な用語や言い回しを測る試験であるため、旅行会社の中にはTOEICよりも観光英語検定を重視する場合もあり、重要視されることが多くなってきています。

試験の種類は1級、2級、3級があり、出題内容は観光や旅行に関する問題も多く、空港や観光地での通訳や、英語で道案内をするなどの実践的なテストで構成されています。ほとんどが生活に密着した身近な英語ですが、実務に近い内容の問題が多く出題されます。
試験方式  ・1級、2級、3級共 「筆記」と「リスニング」
・試験時間
   筆記 リスニング 
 1級  60分  50分
 2級  60  30
 3級  60  30
受験資格  受験資格は一切ありません。誰でも受験可能です。
 試験科目
   出題の基本方針
 1級    以下の各範囲での観光、旅行業に必要な実務英語。
 場所  各種受付(旅行代理店、航空会社等)、空港、駅、ホテル、レストラン、税関、劇場等。
 状況  苦情と謝罪、誤解と説明、要求と情報提供、予約および変更・キャンセル、電話応対、ガイド、病気、けが等。
 文書等  手紙、申込書、ファクシミリ、チケット等。
 専門知識  航空会社・旅行代理店・ホテル等で一般的に使用される略語や専門用語。 
 その他  世界の国々の文化や習慣、国際儀礼(プロトコール)。
 2級  - 予約関連業務、ホテル関連業務、出入国に関する手続き、機内放送等のアナウンス、食事、通貨、交通機関等、観光・ 旅行業に必要となる基本的な英語および英語による日常会話。 
 3級  - 曜日、時刻、数字(単位含む)、英語の掲示やパンフレット、地名、世界と日本の観光名所、日本の祭りや年中行事また民芸品、あいさつ等、観光・旅行に必要となる初歩的な英語および英語による日常会話。
スケジュール  ・試験実施:年2回  6月下旬と10月下旬
・申込期間:4月〜5月  7月〜9月
・合格発表:8月 12月

平成29年度第36回・37回観光英語検定試験日程
(第36回試験)
試験日:平成29年6月25日(日)
願書受付期間:平成29年4月1日(土)〜5月26日(金)
試験会場  札幌 仙台 東京 横浜 新潟 金沢 名古屋 大阪 神戸 広島 福岡 沖縄
受験料  (1級)10,000円  (2級)4,600円  (3級)3,600円   ※1,2級 2,3級の併願もできます。
資格 難易度  ・難易度: 1級 「B」普通(上)  3級 「D」易しい   
・合格率: 平成28年度10月 第35回観光英語検定試験結果 ⇒詳細
   申込者数  受験者数 合格者数   合格率
 1級  97名  89名  4名  4.5%
 2級  879  807  438  54.3
 3級  1,865  1,686  915  54.3


※参考データ
・平成28年度6月 第34回観光英語検定試験結果
 級 受験者数  合格率 
 1  79名  5.1%
 2  788  63.3
 3  837  60.9


 
  受験対策
 &
資格の将来性
出題内容は生活に密着した身近な英語です。筆記、リスニングとも旅行、観光等に絞られており、空港、交通、ホテル、観光、ショッピング等の実際場面を想定したものになっています。 また、観光に必須の国内外の文化や異文化、地理、歴史の知識も問われるため、幅広く日本のことや世界のことを知っておく必要があります。
1級、2級、3級の全級に共通して、海外の文化やマナーを知り、旅行業に関する問題と国際的な常識問題が出ますので、これまでに海外滞在経験などがある人は少し有利な試験かもしれません。

リーディングの出題はすべて選択式(マークシート)になっています。内容は単語問題や会話形式です。
また、リスニングの問題はTOEICに近く、写真や旅行にまつわる書類の問題ですのでTOEICを受験されたことがある人は、解きやすいと思います。ただTOEICに比べて、金額や人数など数字を扱う問題が多いようです。専門性を問われる出題が多いため、独特な言い回しや専門用語の知識を身につけておかなければなりません。全国語学ビジネス観光教育協会が提供している「観光英語検定CBT模擬試験」などを活用して試験対策をたてることがお薦めです。

・3級や2級では、約3,000語の単語力と基本的な文法を取得していれば合格できるレベルとされています。具体的には道案内やパンフレットの説明ができる、外国人とグループで行動することができる、というレベルになります。
合格率は60%前後なので、それほど難易度も高くありません。
3級の場合は、TOEICで220〜470点、英検は3級程度とされています。高校卒業レベルくらいの英語力があれば合格できるはずです。
・1級は、約8,000文字の単語力が必要とされ、難易度も一気に上がります。
内容的には添乗業務が行える、通訳ガイドができる、文化やマナーを説明出来る、などのレベルになるので、試験対策は学習時間も含めて綿密な対策が必要です。 

※参考
※難易度比較
 級 TOEIC  英検 
 1級  B・Cレベル 600〜860  準1・1級程度
 2級  Cレベル 470〜600  2級程度
 3級  Dレベル 220〜470  3級程度
通信講座   -
通学スクール   英検対策通学スクール一覧
観光ビジネス資格スクール一覧
教材
問い合わせ先  全国語学ビジネス観光教育協会 観光英検センター   http://www.zgb.gr.jp/kanko/index.html
〒101-0061  東京都千代田区三崎町2-8-10 ケープビル2F
  TEL03(5275)7741

HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.