建築士

資格名 建築士
 資格の種類 国家資格     (財)建築技術教育普及センター主催
資格の概要  建築士は、主に建築物の設計および工事の監理を行います。設計は建物や内装のデザイン以外にも、安全性や耐震性などを考慮した構造設計や電気や空調などの設備設計なども行います。
建築士には、一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類の資格があり、建築士法によって設計・工事監理ができる範囲が定められています。最難関の一級建築士は、延べ面積500m2を超える学校、病院など、大型建築物やコンクリート構造建築物など、あらゆる建築物の設計と工事監理が可能となります。2級はそれ以下。木造は木造の建物のみとなります。
最近は建築士の資格をもとに、土地家屋調査士やインテリアコーディネーターなどの資格を取得し、仕事の幅を広げて活躍する人も増えています。

建築士の資格を取得するためには、建築学科を卒業することが近道です。一級建築士の場合は、実務経験も必要です。そのため、建設会社、住宅メーカー、設計事務所、工務店などで働きながら、建築士の資格取得を目指すことになります。一級建築士になれば、自ら設計事務所や建築士事務所を開業する道が開けます。ただ、資格取得後は、建築会社や設計事務所などに所属して、キャリアを積む人がほとんどです。
2級や木造建築士でも独立は可能ですが、建築できる建物に制限があるため、独立を目指すなら1級を取得するのがベストです。2級の場合は専門学校で2年間学べば受験資格が得られますので、就・転職への第一歩としてもおすすめです。

※二級建築士試験と木造建築士試験について、平成24年度試験から試験内容が変更されました。
二級建築士試験及び木造建築士試験の試験内容の見直し
 


◆ 建築士資格関連情報
・平成28年度試験について
@1級建築士試験の設計製図試験の課題が「子ども・子育て支援センター(保育所、児童館・子育て支援施設)」に決まりました。試験は10月9日に実施されます。
A熊本県の試験場が変更されることが決まりました。⇒詳細

・「不動産コンサルティング技能登録者」名称が「公認 不動産コンサルティングマスター」に変りました。
また、新名称決定と同時に受験資格が拡大され、これまでの対象であった宅地建物取引主任者、不動産鑑定士に加え、2013年11月の試験より「一級建築士」の資格保有者の方も受験できるようになります。
   ⇒公認 不動産コンサルティングマスター    ⇒近代化センター
試験方式  ●筆記試験  学科の試験(4科目)と設計製図の試験
・1級 5肢択のマークシート方式 問題数は各科目25問、4科目合計100問
・2級 5肢択のマークシート方式 問題数は各科目25問、4科目合計100問
受験資格  【一級建築士】
・学歴要件
(1)大学:卒業後2年以上の建築実務の経験者 
(2)3年制短期大学:卒業後3年以上の建築実務の経験者 
(3)2年制短期大学。高等専門学校:卒業後4年以上の建築実務の経験者 
(4)国土交通大臣が上記と同等の知識および技能を有すると認める者 
※「学歴要件」については、従来の「所定の課程を修めて卒業」という要件から、新しく「国土交通大臣の指定する建築に関する科目を修めて卒業」という要件に変更されました。そのため、平成20年度以前入学の場合には「従来の学歴要件」が、平成21年度以降入学の場合には新しい「学歴要件」が適用されます。
・その他
2級建築士:2級建築士として4年以上の実務経験

【二級建築士】
・学歴要件
国土交通大臣が指定する建築に関する科目を修めて卒業後、所定の期間の実務経験を有する者
(1)大学(短期大学を含む)又は高等専門学校:卒業後0年以上の建築実務の経験者
(2)高等学校又は中等教育学校:卒業後3年以上の建築実務の経験者
(3)建築に関する学歴なし:7年以上の建築実務の経験者 
・その他
国土交通大臣が上記と同等の知識および技能を有すると認める者 
 試験科目 一級建築士:
・学科 建築計画、建築法規、建築構造、建築施工
・設計製図 (学科合格者のみ)課題は事前に公表される
二級建築士・木造建築士:
・学科 建築計画、建築法規、建築構造、建築施工
・設計製図 (学科合格者のみ)課題は事前に公表される

※「2013年1級建築士試験」の設計製図試験の課題が「大学のセミナーハウス」に決まりました。
  試験日は10月13日(日)、最終合格者の発表は12月19日(木)の予定。  2013.7.26
スケジュール  【試験日】
一級建築士・木造建築士:(学科) 7月上旬  (設計製図) 10月上旬
二級建築士:(学科) 7月上旬  (設計製図) 9月中旬
【申込期間】
一級建築士・木造建築士:3月中旬〜4月中旬
二級建築士:4月上旬〜5月上旬

平成29年度一級建築士試験施行案内
平成29年度一級建築士試験日程
・試験日:(学科)平成29年7月23日(日) (設計製図)平成29年10月8日(日)
・受験申請受付:平成29年4月10日(月)〜17日(月)インターネット
・合格発表:最終平成29年12月21日(木) 
試験会場   全国47都道府県の指定された試験会場
受験料  ・1級建築士 19,700円
・2級建築士 ・木造建築士 16,900円
資格 難易度  ・難易度  一級建築士 「A」難関    二級建築士 「B」普通  
・合格率   平成29年度(二級)建築士試験結果 
          (学科試験) 合格率36.6% (実受験者数19,649名 合格者数7,197名)⇒詳細
        平成29年度(一級)建築士試験結果
          (学科試験) 合格率18.4% (実受験者数26,923名 合格者数4,946名)⇒詳細
        平成29年度木造建築士試験結果
          (学科試験) 合格率48.1% (実受験者数545名 合格者数262名)⇒詳細

今年の1級建築士学科試験は、総得点の合格基準点が基本的な水準として国土交通省より発表されている90点より3点下方補正され87点となりました。これは、今年度と同様に87点であった平成23年度の学科試験から6年ぶりであり、試験の難度が高かったことが考えられます。試験の内容では、実務的な出題や、法改正・新規準・新技術に関わる出題以外に、正誤の判断が難しい問題が出題されており、今後は新規出題傾向のポイントを押さえた学習と、単なる過去問の暗記でなく、基本事項から正しく理解する学習が重要になると考えられます。

※参考データ
・平成28年度(一級)建築士試験結果
      学科試験合格率 16.1% (受験者数26,096名 合格者数4,213名)
      設計製図試験 42.4% (受験者数8,653名 合格者数3,673名)
      総合最終結果 合格率12.0%  合格者数3,673名
・ 平成28年度(二級)建築士試験結果 
      (学科試験) 合格率42.3% (受験者数20,057名 合格者数8,488名)
      (設計製図) 合格率53.1% (受験者数11,159名 合格者数5,920名)
          最終合格率 25.4% (受験者数23,333名 合格者数5,920名)
・ 平成28年度(木造)建築士試験結果 
     (学科試験) 合格率61.4% (受験者数495名 合格者数304名)
     (設計製図) 合格率56.4% (受験者数351名 合格者数198名)
        最終合格率 35.5% (受験者数558名 合格者数198名)
・平成27年度(一級)建築士試験結果 
     (学科試験) 合格率18.6%    合格者数4,806名   
     (設計製図) 合格率40.5% 
              最終合格率 12.4%(合格者数3,774名)
・平成27年度(二級)建築士試験結果 
     (学科試験) 合格率30.1%  
     (設計製図) 合格率54.0% 
             最終合格率 21.5%(合格者数5,103名)
・平成27年度木造建築士試験結果 
     (学科試験) 合格率54.7%  
     (設計製図) 合格率50.5% 
             最終合格率 27.3%(合格者数152名)
 受験対策
 &
資格の将来性
試験は、「学科の試験」(4科目)と「設計製図の試験」に分けられている。「設計製図の試験」は「学科の試験」の合格者でなければ受験できません。1級の合格率6〜10%と幅がありますが、学科試験で70点を取っても落ちることもあるほどの超難関試験であり、資格取得者も少ない。ランク的には、不動産鑑定士と変わらないレベルと考えられる。建築関連の最高峰資格で、建築家として独立するなら必携。難関ながら常に人気は高く、街の開発などに参画することも夢ではない。累計登録者数 32万人。学習の目安期間2年、費用90〜130万円ほどであるが、最近では独学でのチャレンジは不可能ともいわれているが、独学の場合にネックになるのが、設計製図の試験の学習。理由は、設計製図の試験は図面試験特有の書き方やコツがあり、自分で合格レベルを確かめることができないからだ。実務経験が重要になる。
仕事では建築物が十分な機能と耐久性・安全性をもつように設計する必要があり、高度な専門知識と技術が要求されることになる。

2級に関しては、学科試験はそれほど難しくなく、2〜3ヶ月も勉強すれば合格ラインには入れるが、2次試験はそれほど簡単ではない。最終合格率は3割弱程度。学科試験はほぼ出題傾向が決まっているので、傾向に沿った学習を繰り返せば大丈夫だ。受験生は設計事務所等、建設業務に携わっている人が多く、国家資格の中でも比較的独立しやすい資格。ちなみに、二級建築士と一級建築士の違いは建物のサイズの違い。

※「一級建築士資格」は、識者による「2013年 建築・不動産系有望資格ランキングNo2」に選ばれました。
    - 識者のコメント -
・大手企業では、昇進条件として掲げているところもある。建築業界でネームバリューを発揮する資格。
・独立・起業が可能な資格だが、その際は顧客開拓が欠かせない。景気動向にも左右されやすい。
・建築業界ではトップの資格。独立しても公務員としても活躍が期待できるが、受験資格を取るのが難しい。
・建築・不動産系では「大看板」だが、受験に学歴要件などが必要。ビジネスパーソンが取得するのは難しい。
「建築士資格」は、大手企業の資格別求人数ランキングで毎年1位にランクされ、資格別求人数では常時ナンバーワンの人気資格です。

◆チョット一言
・「管理建築士」について
建築士事務所を管理する建築士を「管理建築士」と言います。管理建築士になるためには、建築士として3年以上の設計や、その他の国土交通省令で定める業務に従事した後、国土交通大臣の登録を受けた機関が行う管理建築士講習を修了しなければなりません。講習は、1日の講習(講義(5時間)と修了考査(1時間))が行われます。⇒詳細

・1級建築士の受験には一定の実務経験が必要となるため、まずは建築事務所や設計事務所に就職するのが一般的。2級・木造でも独立は可能だが、建築できる建物に制限があるため、独立を目指すなら1級を取得するのがベスト。また、2級なら専門学校で2年間学べば受験資格が得られるので、就・転職への第一歩としてもおすすめです。建築物の大規模化、機能や設備の複雑化に伴い活躍の場は広がる。

・1級建築士の年収統計(出典:厚生労働省「平成23年度 賃金構造基本統計調査」)
  平均年齢:47.9歳  勤続年数:13.6年  労働時間:174時間/月  超過労働:8時間/月
  給与月額:378,100円  年間賞与:653,800円  平均年収:5,191,000円

【就職対策】
就職先としてはゼネコン、設計事務所、など建築関係全般。一級建築士で就職に困るという事は、まずありません。
いろんな実務経験があった方が就職、転職はしやすいようです。
独立自体は二級建築士でも可能ですが、やはりネームバリュー、顧客の信頼を考えて一級を取得しておいた方が何かと都合が良いのは当然です。二級で独立もできなくはないですが、やや厳しくなります。
通信講座   建築士 通信講座・スクール一覧        
通学スクール  建築士対策 通学スクール・講座一覧
 教材    
 売れ筋教材  「建築士」資格本のAmazon売れ筋ランキング
問い合わせ先  (財)建築技術教育普及センター(http://www.jaeic.or.jp
〒104-0031 東京都中央区京橋2−14−1   TEL:03(5524)3105(代表)
 
HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.