公害防止管理者


資格名 公害防止管理者 
 資格の種類 国家資格           試験実施  社団法人産業環境管理協会
資格の概要  「公害防止管理者」は、大気汚染、水質汚濁、土壌汚染、騒音、振動、地盤沈下、悪臭など、特定の工場における「公害」に対して、燃料や原材料の検査や、騒音や振動の発生施設の調査、排出水や地下浸透水の汚染状態の測定など、管理することで未然に防いだり、行政機関や住民への折衝、その他の公害対策の設定などを行う専門資格です。特定の工場においては、一定の資格者の中から公害防止管理者を選任することが法律で、その設置者に義務付けられています。また、その工場を設置している者に対し、条例の規定を誠実に遵守するよう助言し、作業の方法や施設の維持等の技術的事項について、工場から公害を発生させないよう監督を行います。

環境に関する資格は、数多く存在しますが、そのほとんどは日本国内でのみ有効な資格になっています。その種類は、国家、公的、民間資格にそれぞれありますが、環境系の資格は、さらに化学系、生物系、工・物理学系に分けられます。その中の化学系に分類される資格としては、環境計量士(濃度、騒音・振動)と、公害防止管理者が代表的です。公害防止管理者は、経済産業大臣管轄の国家資格です。この資格所持者は、公害を防止する管理関係の知識と技術をもつ技術者と認められます。一般的には企業、工場に勤務し、経験を積んだ後、資格を取得し選任されることが多いようです。実従事者数は不明ですが、ニーズは多い資格です。

※公害防止管理者資格の取得方法には、国家試験に合格する方法か、国の資格認定講習の課程を修了する方法があります。 
  ・国家試験を受験する場合:毎年1回行われる国家試験を受験して合格し、資格を取得する方法です。
  ・資格認定講習を受講する場合:学歴や実務経験のある人が書類審査を経て一定の講習を受講して修了試験を経て資格をとる方法です。

「公害防止管理者」の種類と分類
大気関係第1種公害防止管理者
大気関係第2種公害防止管理者
大気関係第3種公害防止管理者
大気関係第4種公害防止管理者
水質関係第1種公害防止管理者
水質関係第2種公害防止管理者
水質関係第3種公害防止管理者
水質関係第4種公害防止管理者 
騒音関係公害防止管理者
特定粉じん関係公害防止管理者
一般粉じん関係公害防止管理者
振動関係公害防止管理者
公害防止主任管理者
ダイオキシン類関係公害防止管理者 

スポンサーリンク

試験方式  多肢選択方式(五社択一式)の筆記試験 マークシート方式
受験資格  特になし。誰でも受験できる。
 試験科目 公害防止管理者は工場の種類や規模などによって13(大気関係第1〜4種、水質関係1〜4種、騒音・振動関係、特定粉塵関係、一般粉塵関係、公害防止主任管理者、ダイオキシン類関係)に区分されており、試験科目はその区分ごとに異なる。
(例)大気関係第1種の場合
公害総論、大気概論、大気特論、ばいじん・粉じん特論、大気有害物質特論、大規模大気特論
スケジュール  試験日は、例年10月上旬(年1回)   ※官報公示 5月下旬


平成29年度公害防止管理者等受験講習会開催日程
平成29年度公害防止管理者試験日程 
・試験日:平成29年10月1日(日) 
・受験申請受付:平成29年7月3日(月)〜7月31日(月)
・合格発表:平成29年12月15日(金)  
試験会場   札幌市、仙台市、東京都、愛知県、大阪府、広島市、高松市、福岡市、那覇市の9箇所
受験料  ・大気1種、3種 水質1種、3種 ダイオシキン類関係 公害防止主任管理者      6,800円
・大気2種、4種 水質2種、4種 騒音・振動関係 特定粉じん関係 一般粉じん関係  6,400円
資格 難易度  ・難易度  「B」 普通    
・合格率   平成29年度公害防止管理者試験結果⇒詳細
           全平均合格率 24.8%  受験者数24,332名  合格者数6,024名 
 
※参考データ 
・平成28年度公害防止管理者試験結果
   全平均合格率 25.8%  受験者数24,690名  合格者数6,382名
・平成27年度公害防止管理者試験結果
   全平均合格率 25.5%  受験者数25,562名  合格者数6,525名 
・平成26年度公害防止管理者試験結果
   全平均合格率 25.0%  受験者数25,989名  合格者数6,501名 
・平成25年度公害防止管理者試験結果
   平均合格率 19.8%  受験者数27,328名  合格者数5,407名 
  受験対策
 &
資格の将来性
公害防止管理者は環境保全の為の国家資格。合格率は例年約20〜30%程度。学習期間の目安は6ヶ月〜8ヵ月。通信講座もありますが、テキスト・参考書を利用しての独学の合格者も多いが、テキスト選択が重要で、この良し悪しが結構あるので注意要。また、通信教育を受講する場合は、業環境管理協会の通信教育が一番良い。
この資格取得には、国家試験の受験と、資格認定講習の受講の方法があります。これは、技術資格、又は学歴及び実務経験のある者が書類審査を経て一定の講習を受講し、有資格者となる方法です。

また、試験に関しては、平成18年度から科目別合格制度が導入されたが、試験の難易度はそれほど変わっていない。水質の場合、概論と法令は傾向があるので、それをつかむこと。難しいのは、測定技術と有害物質処理技術だろう。問題内容が非常に細かい。合格はこの科目の良否に左右されると考えてよい。
「大気」は物理が好きな人には有利と言われますが、化学の知識も少しは必要です。他には、大学受験程度の数学を理解できないと苦しいです。それは、公式を導き出すのに微分積分や対数関数を使う必要があるからです。また、大気特論では、燃焼計算と測定技術は必ず出題されます。

資格取得者のほとんどが20代〜30代で、最近では就職対策のため、理系大学生の取得者が増えてきている。
化学関連工場や企業に就職希望の場合は取得して損はないが、 実践面を考えて取得するのなら「水質」がよい。騒音や振動などは必要な企業では有用だが一般的ではない。
環境問題への意識が非常に高まっている現在、その需要はこれからいっそう高まることが予想される。また、有資格者は企業内での評価も高く、手当の支給される企業も少なくない。

※公害防止管理者試験に合格すると、以下の資格を取る場合には有利になります。
 ・「作業環境測定士」:分析概論が免除される(振動・騒音は不可) 
 ・「東京都公害防止管理者資格」:登録手続きをすれば「東京都一種公害防止管理者」の資格が取得できます。 
 ・水質1又は2種と大気1又は2種の両種があれば「ダイオキシン類」を講習で取得できます。 
 ・水質1又は3種と大気1又は3種の両種があれば「公害防止主任」の資格が取得できます。
 ・水質1・3種及び大気1・3種・主任のいずれかがあれば「技術士」の一次共通科目が免除されます。

スポンサーリンク

通信講座   協会の公害防止管理者通信教育
通学スクール  協会の資格認定講習       公害防止管理者等受験講習会
教材   
 売れ筋教材 「公害防止管理者」・「環境計量士」資格本のAmazon売れ筋ランキング    
問い合わせ先  一般社団法人産業環境管理協会   http://www.jemai.or.jp/polconman/examination/latest.html
〒101-0044  東京都千代田区鍛冶町2-2-1 三井住友銀行神田駅前ビル TEL03(5209)7713    

HOME


Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.