TOP>資格の難易度 >資格の難易度ランキング(難易度S 超難関)                          サイトマップはできるだけ作成しましょう!
        
資格の難易度・資格の難易度ランキング


難易度 S  
難関
                                   
資格の難易度 S」 の資格

「難易度S」の超難関資格として、一般資格では「司法試験予備試験」を最上位として14資格を、IT関連資格では「ITストラテジスト」を最上位として2資格を選びました。これはジャンル別にランキングと難易度ランクを決め、そのあとジャンルの壁を外して難易度ランクごとに寄せて全体としてのランキングを決める作業です。
国家公務員を除いて、法律/労務のジャンルでは、司法試験、司法書士、弁理士などが超難関資格にあげられ、不動産/建築では技術士(総合技術監理)、構造設計1級建築士や不動産鑑定士など、環境/技術分野では第一級総合無線通信士、IT/情報ではITストラテジストとプロジェクトマネジャー、税務/証券分野では公認会計士を超難関資格とし、難易度「S」としています。

・「国家公務員総合職試験」は、司法試験や公認会計士試験と並んで、日本を代表する難関試験です。難易度が非常に高いので、国家公務員を希望する大卒者は安全を考えて、国家公務員一般職試験を狙って受験する人が多くなっています。
・「司法試験」は、出題される試験問題の質や問題の量、試験範囲の広さに受験者の質、受験までに要する年数、受験回数の制限等の条件面と、幅広い教養と専門知識を基礎にした柔軟な思考力、さらには国際的視野や語学力などの能力が必要なところなどを総合的に判断すると、まだまだそのハードルは高く、まだ最難関の試験であることは変わらないと判断できます。さらに受験するには法科大学院を受験し修了するか、予備試験に合格しなければならないこと、すなわち、ある程度の法学知識がなければ受けることさえできない試験と言えます。そういう状況の下で、25%前後の合格率は非常に厳しい試験であることは間違いありません。
・「弁理士」は理工系の受験生が多く、”理系最難関国家試験”と言われます。この資格試験の受験者は会社員や特許事務所の職員など、実務に就いているトップクラスの受験層です。理科系出身者が8割を超え、この人たちと合格率5%前後の試験を戦わなくてはならないことを考えれば、この試験がいかに難関の国家試験であることかが分かります。ちなみに、平成24年度の合格者平均受験回数は「4.13回」でした。
・「司法書士」は受験者が司法試験からの転向組も多くなり激戦になっていることだけでなく、試験も実務的な理解しにくい科目の出題比率が高く、また各科目とも高い正解率が求められる試験であることが、この試験を難易度の高い難関試験にしているところです。試験合格まで5年以上かかることもめずらしくありません。合格率も国家資格の中でもトップクラスの低い水準で、試験のレベルもかなり高いと言えます。
・「公認会計士」は、司法試験、国家公務員総合職試験とならぶ超難関国家試験の一つで、独学では合格することが非常に難しい試験の代表です。2006年に開始された現行の試験制度では、受験資格の撤廃や科目合格制度の導入により、以前の会計士試験と比べて試験勉強と、学校や仕事との両立がしやすくなり、チャレンジしやすい試験になったと言えますが、試験の難易度は依然、「超難関」に変わりはありません。有資格者は高く評価されます。
※上記以外では、国家公務員一般職や歯科医師国家試験なども「Sの下位」から「Aの上位」の難易度に該当する資格試験です。

・「IT/情報系資格」のジャンルでは、 難易度「S」 超難関にランクされるのは、国家資格ばかりで、ベンダー資格はありません。国家資格で難易度「S」にランクされる資格は、「ITストラテジスト」、「システム監査技術者」の2資格としました。
情報処理技術者試験以外で難易度「S」に該当するIT関連資格では情報工学分野の「技術士」がありますが、このサイトではまだ掲載できていません。
また、ベンダー資格ではCisco Systems社の技術者認定資格「CCIE」と、オラクル認定資格の「オラクルマスター プラチナ」が難易度はハイクラスですが、ランク的には「A」の上位になる資格です。
※ 高度情報化社会が完全に浸透した現在では、情報処理システムの設計、プログラム作成の専門知識・スキルを備えた人材は“貴重な存在”として認識されていますが、その分、試験の難易度も高く、また試験が頻繁にバージョンアップしているため、独学では時間がかかるだけで非効率的になります。さらに、これらの資格の難しいところは、技術者としてのコンピュータースキルと知識 +α の能力を求められるところです。
「情報処理技術者試験」はコンピュータ関連で唯一の国家資格でもあり、企業における人材不足も深刻になっています。取得することで、チャンスが拡大することは間違いありません。難易度「S」クラスの試験になると普通の学力レベルではまず無理です。基礎学力、努力、体力、気力共に、人並み以上は必要でしょう。また、少なくとも、もともと勉強好きな人間でないと、長期間の勉強の継続を乗り越えての試験合格までの道は難しいと考えざるをえません。また、全般的に統率力やコミュニケーション力など、高い「ヒューマンスキル」を蓄えていることが必要なことも上位のIT資格の特徴の一つです。  



これら難易度「S」に該当する資格試験は、どの資格試験にもハイレベルな学力はもちろん必要ですが、それとは別に勉強の合間に短時間の睡眠と食事というレベルの生活に耐えられる体力、気力が同等に必要です。また、毎日長時間、長期の勉強に耐えられる集中力と精神力が求められます。さらに、周りの人や家族の協力も不可欠なことも含めて、成功には何らかの犠牲が伴う覚悟も必要になってきます。いづれにしても、 勉強することが好きで、勉強が趣味で、一番自分に向いてるくらいな人でないと合格は困難でしょう。長期間、長時間の勉強にも集中力を切らさないための独自の工夫も必要です。気力、体力、学力以外に知識、記憶力もハイレベルが要求されます。これらの資格試験は、どの試験もめちゃくちゃに難しい超難関試験ばかりで、普通の学力レベルの一般の人が独学で受験する試験ではないと考えてよいでしょう。
それと、繰り返しますが、他に無視できないのが家族の協力です。またこのことが長期の勉強に耐えうる力と支えになることを肝に銘じておかねばなりません。また、勉強が長期になると、合格することが最終目標のような感覚になってしまいがちですが、そうではなく、その先があることをいつも忘れないようにすることも大切です。
結局、「難関資格」といわれる資格の試験にパスするためには、ただ頭がよかったり、勉強熱心というレベルでは不十分です。勉強には人それぞれ、自分に合った勉強のやり方があるので、まず合格するために絶対に押さえなければならないポイントと、努力をしっかりと成果に結びつけるための勉強法を身につけることが大切になります

 資格の難易度 難易度 S  難易度 A  難易度 B  難易度 C  難易度 D 
難易度
ランキング
法律・労務系  公務員系  語学系  医療・福祉系 環境・技術系  IT・情報系  不動産・建築系  税務・証券系  その他 
 当サイト内の資格検索 
powered by Google


資格試験の公式情報
最新の資格試験公式情報
(試験結果・日程・新資格情報他)
2015~2016年
 
  主要資格試験の試験日程
2015年 国家公務員試験日程
試験結果・受験対策
(平成26年度・27年度)
主要資格試験の試験結果
(平成24・25・26年度)
 試験別受験者数/合格者数
資格試験 受験対策
 国家公務員・技能検定
 公務員採用試験・国家検定
制度改正・試験結果・日程
平成27年度技能検定
受験案内
試験の実施日程
平成27年度(前期)技能検定
都道府県実施公示
平成27年度(前期)技能検定
実施職種一覧・実技試験概要
 

  資格の難易度 「S」 の資格ランキング
一般資格 難易度ランキング
 司法試験予備試験 教材
 新司法試験 教材
 国家公務員 総合職 教材
公認会計士  教材
裁判所職員採用総合職(院・大卒程度試験) 教材
 衆・参議院事務局職員 -
 司法書士 教材
 弁理士 教材
 医師国家試験 教材
 第一級総合無線通信士 教材
 外務省専門職   【国家公務員専門職 大卒程度試験】 教材
 国際公務員アソシエート・エキスパート等選考試験 教材 
 総合職(大卒程度試験) 国立国会図書館職員
 防衛医科大学校 教材 
  
IT関連資格 難易度ランキング
ITストラテジスト 教材
システム監査技術者 教材
 
       
スクールや講座に迷っておられる方はこちら↓を参考にしてください
資格試験のための資格スクール・資格講座情報
 
 (スクール・講座の各種情報、資料請求など)

H27・28年 資格試験カレンダー
 資格試験の最新情報ガイド
平成27年度資格試験結果情報
 Copyright (C) 2009 資格試験情報 All Rights Reserved. NewtonGYM運営組織