IT・情報系
    
資格の難易度・資格の難易度ランキング    
 TOP > 資格の難易度 >IT・情報系資格の難易度ランキング
IT・情報系資格」の特徴は、他の分野の資格と少し違って、資格の取得が”実務の証明”のようなニュアンスで使われることが多いところです。具体的に言えば、普通は資格取得の目的は、キャリアアップそれに就職や転職対策、ということが多いと思いますが、IT・情報系資格の場合は、”私はITのこの分野に経験と知識、能力がこの程度あります”と証明するために取得することが多いのです。言い方を変えると、ITの世界は、資格<経験という側面があるからです。そのため、資格を取得すれば、転職や昇進に有利か、と言われると、そうではない場合が多いのです。

IT・情報系資格で国家資格は「情報処理技術者試験」だけです。そして難易度の上位に並んでいます。その中で「基本情報技術者」は、IT系の技術者としては必須の入門資格です。試験はプログラム言語等の知識が必須ですが、少し知識があれば独学でも取得可能なレベルです。幅広い知識が求められ、覚える事が多い試験なので、スクールを利用しておくと、その後にプログラマーやSEにステップアップする場合に基礎知識が役立ちます。
情報セキュリティに関する資格試験の中では国内最難関とされていた「情報セキュリティスペシャリスト試験」がなくなり、「情報処理安全確保支援士」に代わりましたが、難易度は全く変わっていません。システムエンジニア等の実務経験者でも難しいレベルの試験になっており、チャレンジする方はスクールを利用した方が良いでしょう。「応用情報技術者」は、この資格を取得できれば、IT技術者として一人前と評価されるレベルです。さらに、「ITストラテジスト」、「システム監査技術者」、「プロジェクトマネージャ」などの超難関資格は取得できれば技術者としては最高レベルです。「ITパスポート」はITを活用する社会人・学生が備えておくべき基礎的な知識が証明できる国家資格とされ、IT技術者が取得する資格ではないでしょう。

情報処理技術者試験以外では、「CompTIA A+認定資格」は、特定のベンダーに依存しない中立的な立場からエンジニアのスキルを認定、世界で90万人以上の人が取得する世界的に通用する資格。「Linux技術者認定試験(LPIC)」は、多くの企業が推奨する試験の一つで、転職やキャリアップにも有利な試験。「シスコ技術者認定」はインターネット技術や、これを志す人のレベルアップをサポートする資格で、ネットワーク技術者や管理者を対象とした技術認定資格、世界的に通用する資格です。
「LPIC(Linux技術者認定資格)」は、世界共通の基準となる Linux技術者の認定制度、2月には日本独自の新資格の認定試験「LinuC」を立ち上げました。さらに、「オラクルマスター」は、オラクル社のデータベース製品に関する技術者を認定する資格で、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、サーティファイド、ディベロッパーの5段階のレベルがあります。「.com Master」 は最新のインターネット知識やパソコンの技術動向を反映させたベンダーフリーな検定でビジネス界で活かせる検定試験です。まだ未掲載の資格では、シスコシステムズ社のベンダー資格「CCIE」があります。シスコ技術者認定プログラムにおいて最高位の資格であると同時に、ネットワーク資格の最高位の資格であり、ランク的にはITストラテジストに並ぶ「S」超難関資格です。
新しい資格としては、昨年「情報セキュリティマネジメント試験」と、「情報処理安全確保支援士」がスタートしました。
民間資格では、今急速に進むIoT(Internet of Things)関連資格の「IoT検定」や、AIブームの火付け役となったディープラーニングを事業活用や実装する人材育成を目的にスタートした「G検定(ゼネラリスト検定)」や今秋にスタート予定の「E検定(エンジニア)」に注目が集まりそうです。


  【平成30年度のIT・情報系資格情報】 - 平成30年4月2日更新 -
 新資格の創設  IchigoJamのスキルを計る「IchigoJam検定」が今春より開始4.22
LPI-Japan、日本独自のLinux技術者認定試験「LinuC」を開始2.07
「CompTIA PenTest+(ペンテストプラス)」2018年中に実施H30.1.26
 試験結果発表 2017年度 G検定(ジェネラリスト検定)試験結果(詳細) 2018.1.5
受験対策   受験のための資格スクール・講座・教材情報


難易度 難易度 S 難易度 A 難易度 B 難易度 C 難易度 D
 ジャンル別難易度  公務員  法律・労務  不動産・建築  税務・証券  IT・情報  語学  医療・福祉 環境・技術   その他

IT・情報系 資格の難易度ランキング  
難易度 S  
 ITストラテジスト  旧「システムアナリスト」。情報処理技術者試験の中でも最高峰クラスの資格。 
 システム監査技術者 合格率10%前後で合格者の平均年齢は平均39才、かなりの難関試験です。
難易度 A  
 プロジェクトマネージャー   受験にはある程度の実務能力が必要、また論文試験の対策が特に重要。
 システムアーキテクト             旧「アプリケーションエンジニア」。スキルレベル3までの試験に合格する能力要。
 ITサービスマネージャ       旧「テクニカルエンジニア(システム管理)」。試験のレベルは、旧資格と変わらず。
 情報セキュリティスペシャリスト(H28年秋期試験で終了)   平成28年度秋期試験の実施をもって終了。情報処理安全確保支援士に移行。 
 情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)   平成29年4月試験開始。第1回試験の受験者数17266名、合格率16.3%  
 ネットワークスペシャリスト    旧「TE(ネットワーク)」。参考書等での独学のみでは合格するのは難しいレベル。 
 データベーススペシャリスト   旧「TE(データベース)」。データベースのベンダー資格取得者にも受験する者多い。 
 エンベデッドシステムスペシャリスト   旧「TE(エンベデッドシステム)」。資格取得者は弁理士論文試験で科目免除あり。 
 応用情報技術者  旧「ソフトウエア開発技術者」。この試験に受かれば高度区分に進むのが理想的。
 オラクルマスタープラチナ  最も上位の資格は「ORACLE MASTER Platinum(プラチナ)」、超難関資格です。
 上級シスアド    (平成20年秋期試験で終了しました)
 CCDE(エキスパート)  業界での高い評価と最先端のネットワーク技術を身につけた証明になる資格です。
 ディジタル技術検定 1級   この試験は情報処理と制御に関する技能を評価する文部科学省後援の試験です。
 オラクル認定Java資格(Gold)  「Java資格」は情報処理技術者よりも高く評価される傾向がある価値ある資格です。
 シスコ技術者認定資格(Cisco認定の平均レベル)  ネットワークエンジニアなら持っておきたい人気のベンダー資格です。
 情報セキュリティアドミニストレータ   (平成20年秋期試験で終了しました)
 PMP試験  米国の非営利団体PMIが主催する国際資格。試験は基本的に英語で実施される。
 XMLマスター :プロフェッショナル    XMLスキルを持つ技術者の育成を目標にした注目の資格。マスターに2種類ある。
 オラクルマスターゴールド  最も上位の資格は「ORACLE MASTER Platinum(プラチナ)」、難関資格です。
 CISSP(公認情報システム監査人)  世界で69,000名以上が認定資格を保持する、国際的に認定された資格です。
 G検定(ジェネラリスト検定)   これからのAI(人工知能)を知るために避けられない基礎知識習得の試験。
 .com Master トリプルスター  (2013年10月から新検定に再編され、新検定では撤廃されました。)
 3次元CAD利用技術者試験 1級    3次元CADを駆使した知識・技術を用いたCADスペシャリストを認定する試験。
難易度 B  
 CCNP(プロフェッショナル)  業界での高い評価と最先端のネットワーク技術を身につけた証明になる資格です。
 QuarkXPressクリエイター能力認定試験 1級  QuarkXPressは日本の出版・印刷業界で定番ともいえるDTPの標準ソフトです。
 CompTIA A+  ( Network+  Linux+ )  CompTIA認定資格の中の一つ。ITの基盤スキルを証明する人気の国際的な試験。
 ITコーディネータ  ITコーディネータ資格制度は通産省による国家プロジェクトの一環になっています。
 CG-ARTS検定(CGエンジニア/エキスパート)  画像や、CG、マルチメディアに関する文部科学省後援の民間の資格試験です。
 基本情報技術者  誰でも受験できる、もっともベーシックな情報処理の国家資格です。
 CG-ARTS検定(CGクリエーター/エキスパート)  画像や、CG、マルチメディアに関する文部科学省後援の民間の資格試験です。
 情報処理技術者能力認定試験 1級     コンピュータシステムの基礎知識とプログラミング能力を測定する試験です。
 情報セキュリティマネジメント試験   第1回試験の合格率は高かったが、IT関連の知識、経験浅い人には難関試験。
 .com MasterADVANCE ダブルスター  (2013年10月から新検定に再編されました。)
 オラクルマスター シルバー  最も上位の資格は「ORACLE MASTER Platinum(プラチナ)」、超難関資格です。
 アドビ認定エキスパート ACE  プロフェッショナルとしての能力を認める、アドビシステムズ認定の世界共通資格。
 C言語プログラミング能力検定試験  コンスタントな人気を誇る資格で、プログラマやSEとしての能力証明に役立つ資格。
 Linux(LPICレベル2)  習熟度に応じてレベル分けされており、初心者でも十分取得可能な試験です。
 Android技術者認定試験(ベーシック)  初心者でもJavaの知識があれば、ベーシックは独学でも6ヶ月程度で合格圏内。
 パソコン検定(P検) 1級    P検には多くのラ ンクと種類があり、受験者のニーズにあわせた試験を提供。
 CAD利用技術者試験 1級  試験に合格だけでなく、図面を読み取り、細かく理解できるようになることが大切。
 パソコン整備士 1級  顧客と接する機会が多く、PC修理のスキルだけでなくコミュニケーション能力も要。
 マルチメディア検定(エキスパート)  特に、ITを駆使することを求めるビジネスマンには、取得しておきたい資格の一つ。
 VBAエキスパート (スタンダード)  実務で利用されるOfficenのアプリ機能やプログラムコードに重点を置いた試験。
 illustratorクリエータ能力認定(エキスパート)  改定され再スタートした新試験は、現場で「活かせる」試験へと改良されました。
 情報セキュリティ管理士  試験対策は試験前に衛星生中継で配信される協会の対策セミナーが一番です。
 ディジタル技術検定 2級  この試験は情報処理と制御に関する技能を評価する文部科学省後援の試験です。
 CCNA(アソシエイト)   (2013年9月30日終了)CCNA Routing and Switchingに改名し内容一新しました。
 MCP (上位資格)    試験の数が多過ぎてどれを取得すればいいか分からないことが欠点と言われる。
 MCPC モバイルシステム技術検定 1級   MCPCが主催する3検定試験のうちの一つ。まだ新しいマイナーな資格試験です。
 HTML5プロフェッショナル認定資格レベル2   HTML5で静的なWebコンテンツを作成する能力を認定する試験。レベル2は難関。
 ウェブデザイン技能検定 2級   WEBデザインやセキュリティーなど、幅広い能力を測る業界唯一の国家検定。
 EC(電子商取引)実践能力検定 1級  IT知識を身につけたい社会人の受験が多い、日本商工会議所のネット試験。
難易度C  
 Linux(LPICレベル1)  習熟度に応じてレベル分けされており、初心者でも十分取得可能な試験です。
 オラクル認定Java資格(Bronze)   Javaプログラミングの基礎資格。実務経験ある人なら勉強せずに合格か・・。
 Rails4技術者認定ブロンズ試験   プログラミングやパソコンに関する知識があれば、通常対策で問題ない。
 ITパスポート試験   情報処理技術者試験のスキルレベル1に相当。初級シスアドの後継試験とされる。
 Turbolinux技術者認定試験  Turbo-CE  Linuxのエントリークラスの資格。Linuxを勉強する人が最初の目標にする資格。
 Web検定(デザイナ/ディレクタ/プロデュサ)  公式テキストを中心に学習すれば、独学でも合格が可能な試験です。
 Web検定 (リテラシー)  5種類の試験があるWeb検定では、リテラシーが下位資格になります。
 MCP (基本資格)  試験の数が多過ぎてどれを取得すればいいか分からないことが欠点と言われる。
 .com MasterADVANCE シングルスター   (2013年10月から新検定に再編されました。)
 CAD利用技術者試験 2級   試験に合格だけでなく、図面を読み取り、細かく理解できるようになることが大切。
 情報活用試験(J検) 1級   情報システム、情報活用、情報デザイン、3つの体系の文部科学省後援の試験.。
 PHP技術者認定 初級試験   2011年に始まった新しい資格。スマホの普及に伴い、技術者不足が顕著な状況。
 Ruby技術者認定試験Silver   人気のRuby on Railsによるシステム開発には必要な知識。海外でも人気高い。
 EC(電子商取引)実践能力検定 2級   IT知識を身につけたい社会人の受験が多い、日本商工会議所のネット試験。
 MCPC モバイルシステム技術検定 2級  MCPCが主催する3検定試験のうちの一つ。まだ新しいマイナーな資格試験です。
 情報処理技術者能力認定試験 2級   2級以下なら、基本情報処理技術者などの資格を併せ持つ方が良いでしょう。
 ディジタル技術検定 3級    この試験は情報処理と制御に関する技能を評価する文部科学省後援の試験です。
 情報システム試験(J検) SE認定/PG認定   情報システム、情報活用、情報デザイン、3つの体系の文部科学省後援の試験.。
 XMLマスター :ベーシック   合格基準が80%以上の正答率という、あまり他に例がない試験。勉強法に工夫を。
 CG-ARTS検定 (ベーシック)  画像や、CG、マルチメディアに関する文部科学省後援の民間の資格試験です。
 ウェブデザイン技能検定 3級   WEBデザインやセキュリティーなど、幅広い能力を測る業界唯一の国家検定。
 CADトレース技能審査 初級・中級 (終了しました)  ※受験者減少のため、平成29年度試験でもって終了しました。
 IT検証技術者認定試験 エントリーレベル1,2  資格取得には、知識試験に合格した後、実務トレーニングが課せられます。
 JSTQB認定テスト技術者資格Foundation    JSTQB運営のソフトウェアテスト技術者資格は海外でも有効な資格です。
 文書情報管理士 1級    文書情報管理士(2級以上)資格所持者が国交省の応札条件になっています。
 パソコン検定(P検)2級  P検には多くのラ ンクと種類があり、受験者のニーズにあわせた試験を提供。
 ソフトウェア品質技術者 中級    日科技連が主催し2008年末に始まった新しい試験。現在は初・中級のみです。
 情報セキュリティー検定試験 2級  H23年4月に「情報セキュリティ管理士認定試験」に再編、名称変更されました。
 CIW ファンデーション(Associate)  インターネット技術者の力量を総合的に証明できる世界共通の国際IT資格です。
 パソコン整備士 2級  顧客と接する機会が多く、PC修理のスキルだけでなくコミュニケーション能力も要。
 検索技術者検定試験 2級(旧 情報検索能力試験)   情報検索ツールに関するプロフェッショナルの資格。資格の価値も高まる予想。
 VBAエキスパート (ベーシック)  実務で利用されるOfficenのアプリ機能やプログラムコードに重点を置いた試験。
 情報セキュリティ初級認定試験  旧情報セキュリティ検定試験3級が名称変更、再編してスタートしました。
 コンピュータサービス技能評価試験 2級   別名CS検定。試験の合格者には「技士」の称号が与えられる公的検定試験。
 情報処理技術者能力認定試験 3級   2級以下なら、基本情報処理技術者などの資格を併せ持つ方が良いでしょう。
 EC(電子商取引)実践能力検定 3級  IT知識を身につけたい社会人の受験が多い、日本商工会議所のネット試験。
 情報デザイン試験(J検)   情報システム、情報活用、情報デザイン、3つの体系の文部科学省後援の試験.。
 情報活用試験(J検)2級    情報システム、情報活用、情報デザイン、3つの体系の文部科学省後援の試験.。
 ソフトウェア品質技術者 初級  日科技連が主催し2008年末に始まった新しい試験。現在は初・中級のみです。
 文書情報管理士 2級  文書情報管理士(2級以上)資格所持者が国交省の応札条件になっています。
 電子化ファイリング検定 B級  試験1か月前の対策講座に参加するのが、費用的にも時間的にもベターです。
 電子メール活用能力検定  試験は、商工会議所認定でいつでも受験できるWebテストです。
難易度 D   
 情報活用試験(J検)3級  情報システム、情報活用、情報デザイン、3つの体系の文部科学省後援の試験.。
 マイクロソフト オフィススペシャリストマスター  Officeの総合的なスキルをアピールでき、就・転職に役立つ生きた使える資格。
 パソコン検定(P検)3級  P検には多くのラ ンクと種類があり、受験者のニーズにあわせた試験を提供。
 日商PC検定 3級  PC資格の中で、公的資格として企業や教育機関から高い評価と信頼を得ている。
 MOS(オフィススペシャリスト)    Microsoftのアプリソフトのユーザースキルを判定する世界共通の認定試験。
 IC3    日本では、2002年11月よりスタートしたITリテラシーの国際資格です。
 MCPCスマートフォン・モバイル実務検定   受験対象は携帯販売員や人材派遣会社登録者、情報・通信学科の学生など。
 検索技術者検定試験 3級(旧 情報検索能力試験)  情報検索ツールに関するプロフェッショナルの資格。資格の価値も高まる予想。
 文書デザイン検定   年間25万人超の人が受験する日検協会主催の検定試験の一つです。
 Word/Excel文書処理技能認定試験3級  スキルをアピールしやすい資格で事務系の仕事が多い女性にはお勧めの資格。
 (ランキング未掲載資格)  
 IoTシステム技術検定   2016年12月に試験開始。2017年夏から総務省後援の「技術検定制度」になる予定 
 IoT検定   IoT検定制度委員会が主催する検定試験。レベル1試験がCBTで12月からスタート

Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved