資格試験対策のページ(資格試験の現状を知る)


資格試験対策 
【資格試験基礎知識】

資格の種類・国際資格
メジャーな資格・評価される資格
【資格選択の基準】 

適性・資格の分野・受験資格
 【資格試験の現状】

取りたい資格・資格の必要性
CBT試験
 【勉強方法(初心者向け)】

学習手順・資格取得の学習法
合格の方程式・独学での突破法
【不合格原因(経験者向け)】 

不合格原因の分析・原因の解明
合格体験者のアドバイス
【モチベーション対策

やる気の維持方法・集中力アップ
学習時間の確保
【知っておくとよい情報】 

通信教育(講座)で突破するコツ
資格取得にかかる費用と時間
【資格試験対策学習ツール】
 
資格試験対策教材
資格講座・スクール・資料請求



景気低迷が続く現代において、これから資格・スキルの習得を目指そうという人が、何を目的にどんな資格やスキルを学ぶのがいいのか、最新の資格試験事情や受験状況など資格試験の現状を知っておくことは大切なことの一つです。
 資格試験対策       最近の資格試験の現状(学ぶ目的・取りたい資格/スキル) 
大手の調査・分析会社が、これから資格取得を目指そうというユーザーが、どんな資格を何の目的に取得しようとしているのかについて「学びに関する意識調査」を実施し資格試験の現状を発表しました。
その結果は下記のとおりです。

1.「あなたが学ぶ目的は何ですか」という質問には、
@自己成長 A就・転職、資格取得 でした。景気の低迷・後退の現状認識から、「自分を磨いて今の会社で生き残る」という流れへと、ニーズが変わってきているようです。また、それに伴い「転職」「独立」と いった目的で学習をスタートさせる人も減ってきています。これは、何が何でも資格を取得するのではなく、”実務に活きるスキルを身につけたい”と思う方が増え始めている証拠のようです。
学ぶ目的に「その他」を選んだ方のコメントにも、
・クビにならないため  ・家計のため  ・資格を取って給料を上げたい、といった、現実的な意見が多くありました。結局、約半数の人が自分が学習する目的は「自己成長」だと考えているようです。

2.次に、「これから学びたい資格・スキルは何ですか」の質問に対しては、
 集計結果は下表のようになっています。

学びたいスキルとしては、「英会話」が1位。常に人気のある英会話ですが、プライベート以外に、仕事でのキャリアアップを目指す人が多 いことにも注目です。
2位の「パソコンスキル」、3位の「簿記」に関しても、短期間で学べて、社内で活用でき、現状の業務に直接プラスとなるスキルに人気が集まっているようです。

また、求人数が比較的多く、人材が不足している介護・福祉分野への就職を希望する方が多く、8位の「ホームヘルパー」や10位の「介護関連」といった介護系のスキルも人気になっています。

 資格試験対策             最近の資格試験の現状(資格の必要性) 
 
  - なぜ、今「資格」なのか -

いま日本は高学歴社会であります。義務教育が終わってもほとんどの生徒が高等学校に進学しています。さらに上の大学への進学率も2009年に50%を超えました。そこで問題になるのが、卒業後の就職です。高学歴化が進んだ現代において、自分が望む職業につくには学歴があるだけでは足りない、という状況になってきています。同時に、その一方で学歴にこだわらず、その人個人の能力をさまざまな角度から評価しよう、という動きも出てきています。つまり、学歴の高い低いに関係なく、本当に使える能力を自分が持っていることを証明できれば、自分の望む職業に近づくことが出来る時代になってきたといえます。

そこで威力を発揮するのが「資格」です。資格とは、言葉で言えば「ある能力に関して公に認められた一定の水準をクリアしていることを証明してくれるもの」と言えます。
だからこそ資格は、相手に対して信頼や安心感を与えるのです。また資格にチャレンジすること自体、「向上心を持って、前向きに生きていこうとしている」という意味で、評価されることでもあります。

「他人に認めてもらいたい」「自分にもっと自信を持ちたい」と感じている人は、資格に挑戦してみるといいと思います。ただ、資格をとれば必ず希望の職業に就けるというわけではありません。資格はあくまで足がかりです。取得した資格を上手に活かせば自分自身に磨きがかかり、確実に希望に沿った職業にも一歩近づけることになります


 資格試験対策            最近の資格試験の現状(CBT試験) 
   - CBT試験(Computer Based Testing)について -

最近の試験の特徴は、「CBT(Computer Based Testing)試験方式」と、「多岐択一式の出題方式」です。
「CBT(Computer Based Testing)方式」は、試験に関係するすべてのプロセスがコンピュータ化されたサービスで、受験者はコンピュータに表示された試験問題にマウスやキーボードを使って解答していきます、試験結果は終了と同時に確認することができるというものです。CBT試験の受験者は、紙と鉛筆による試験のように、受験するためにあらかじめ決められた日時や場所に行く必要がありません。それは、CBT方式の場合は受験者の都合に合わせて、受験する場所や日時が自由に選択できる随時試験が可能だからです。


資格試験の場合、「CBT試験方式」を提供している主な会社には、「プロメトリック」と「ピアソン VUE」があります。 この2社は同じ試験は取り扱っておらず、受ける試験の種類によって、2社のどちらかを選ぶことになります。
受験する場合、どちらも利用方法について大きな違いはありませんが、特に「ピアソンVUE」で受験する場合には、注意しなければならないことがあります。  
一つは、試験会場が少ない
ことです。さらに、その会場で自由に選べる受験日が少なく、1ヵ月に2日くらいしかないことがよくあります。そのため、試験会場が自宅から近くにある場合でも、受験できる日が少ないこともありますので、早めに確認しておく必要があります。
「プロメトリック」の場合は、受験会場もピアソンよりは多く、受験日も週末以外は毎日受験できるようです。
二つ目は、予約時の空き状況の確認方法です。
プロメトリックの場合は、専用サイトにログインしなくても、誰でもがいつでも試験会場毎の空き状況を調べられるのですが、ピアソンVUEの場合は、専用サイトにログインして、試験の種類や試験会場を選択しないと予約できる日を確認することができないようになっています。要は、予約できる日を調べるのが非常にめんどうなのです。

◆ 受験できる主な資格試験
 プロメトリック  ピアソンVUE  CBT-Solutions
 AFP登録審査試験  Adobe認定エキスパート試験  CAD利用技術者試験
 Android技術者認定試験  Cisco Systems認定試験  MCPCケータイ実務検定
 米国公認管理会計士  CompTIA認定試験  経理・財務スキル検定
 証券外務員資格試験  組込みソフトウエア技術者試験  インターネット検定.com Master
 GRE  LPI認定試験  パソコン整備士
 ITコーディネータ試験  Oracle認定試験  与信管理士認定試験
 インターネット検定.com Master  OMG認定UML技術者試験  DTP検定
 PHP技術者認定試験  CIW認定試験  Web検定
 Ruby技術者認定試験制度    IPO実務検定
 SXF技術者検定試験    CG-ARTS検定
 証券アナリスト基礎講座修了試験     自主保全士
 Turbolinux    
 VEリーダー認定試験    
 Web検定    
 XMLマスター    

次に、「多岐択一式の出題方式」についてですが、これはいわゆるマークシート式の試験のことになります。国家公務員試験でも基礎能力試験や専門試験など、多くの試験が多肢択一式で出題されています。
多肢択一式の試験対策で効果的な勉強法は「過去問中心」であることは良く知られていますが、過去問を解きまくるため、ではないことはあまり知られていません。過去問を解きまくる方法は、この場合はあまり効率的でありません。

それでは過去問を何に使うか・・。過去問を5年分ほど集めて、各章や単元ごとに、どのような問題が出題されているかを細かく分析します。それを一覧表にすれば、章ごとに何を勉強しておかねばならないかをつかむことができるはずです。
すなわち、この章、単元では何を勉強して、どのような知識を習得しておかねばならないか、を分析してつかむために複数年分の過去問を用意する必要があるのです。

「多岐択一式の出題方式」は、どうしても出題範囲が広い試験になるため、効率的な勉強のやり方をしなければ時間不足になることが多いのです。


HOME

Copyright(c)2009資格の難易度All Rights Reserved.